スターツシニアゴルフトーナメント

日本シニア

室田淳8アンダー首位! 2位は羽川豊、中嶋常幸43位と出遅れる

コースが良くコンディションがいいから好スコアを出せたという室田淳 スターツシニアゴルフトーナメント(2014)(1日目) 写真・PGA
コースが良くコンディションがいいから好スコアを出せたという室田淳 スターツシニアゴルフトーナメント(2014)(1日目) 写真・PGA

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 室田 淳 -8 -8
2 羽川 豊 -6 -6
3T 中西 信正 -5 -5
3T 池内 信治 -5 -5
5T 高松 厚 -4 -4
5T 比嘉 勉 -4 -4
5T 崎山 武志 -4 -4
5T 清水 洋一 -4 -4
9T P・ウェセリン -3 -3
9T 井戸木 鴻樹 -3 -3
スターツシニアゴルフトーナメント(6月13~15日、茨城県・スターツ笠間GC、6936ヤード、パー72)

 国内シニア第3戦となるスターツシニアゴルフトーナメントが開催。初日は室田淳が8アンダーで単独首位。2位には2打差の6アンダーで羽川豊、ディフェンディングチャンピオンの中嶋常幸は1オーバーの43位タイと出遅れた。

 昨年のシニア賞金王の室田淳が、前半で5バーディ、後半も3つのバーディを奪い、ノーボギーの64、8アンダーと大きく伸ばして単独トップに立った。国内レギュラーツアーにも積極的に参戦し、先月の全米プロシニアでも日本人トップの9位タイに入るなど、相変わらずの鉄人ぶりを見せている室田が、今季初優勝に向けて好スタートを切った。

 2位には6バーディ、ノーボギーの66で6アンダーの羽川豊、3位タイの5アンダーは池内信治と中西信正の二人。井戸木鴻樹、尾崎直道、湯原信光は3アンダーの9位タイにつけている。

 また、ディフェンディングチャンピオンの中嶋常幸は、2バーディ、3ボギーの73、1オーバーの43位タイと出遅れ、連覇に赤信号。現在賞金ランキングトップの奥田靖己は2アンダーの14位タイで初日を終えている。
最高のスタートが切れたという羽川豊 スターツシニアゴルフトーナメント(2014)(1日目) 写真・PGA
最高のスタートが切れたという羽川豊 スターツシニアゴルフトーナメント(2014)(1日目) 写真・PGA 【拡大】
主な選手のコメント

室田淳(1位、8バーディ、ノーボギーの64、8アンダー)
「(8アンダーは)絶好調というわけではなく、コースが良くコンディションがいいからでしょ。初日としては最高のスコアじゃない? (連戦が続くが)そのおかげで体型を維持しているんだよ。減量のためにゴルフやってるんだから(笑)。賞金王は結果だからまずは今、自分ができることをやっていい結果を出して、ギャラリーの方を喜ばせたいね」

羽川豊(2位、6バーディ、ノーボギーの66、6アンダー)
「(前半5バーディ、後半1バーディ)後半バーディが止まって、今年はホントにパットが入らないんですよ。入らなくなるとホントに……。でも、最高のスタートが切れたと思います。明日は流れを切らさずに、パットも打てるように、ショットも打てるように、アプローチも打てるようにしたいね」

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ