日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

日本シニア

室田淳 最後までゲームを捨てないプロのプライド

プレーオフでバーディパットを外し、優勝を逃した室田淳 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(最終日) 写真・山上忠
プレーオフでバーディパットを外し、優勝を逃した室田淳 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(最終日) 写真・山上忠

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 渡辺 司(東) +1 -11
2 室田 淳 -7 -11
3 ブーンチュ・ルアンキット -5 -10
4 フランキー・ミノザ -1 -6
5T 水巻 善典 -3 -5
5T グレゴリー・マイヤー +2 -5
7T 白石 達哉 -6 -4
7T 奥田 靖己 -4 -4
7T 加瀬 秀樹 -2 -4
7T 南條 勝美 +2 -4
日本プロゴルフシニア選手権(10月10~13日、茨城県・サミットGC、6921ヤード、パー72)

 よほどプレーオフ1ホール目の、3メートルほどの距離を外したのが悔しかったのか「敗れた人間は、語るものではないでしょう」と口が重かった。確かに、プレーオフで決着がついたバーディパット外しは後悔が残る。しかし、最終日の18ホールの攻めのゴルフは、すさまじい。

 前半で3バーディ。後半も5バーディ、1ボギー。この日65で、瞬く間に8打差をとらえてしまったのだ。

「スタートするときには、行けるところまで行こうっていうぐらいの気持ちしかなかったんですよ」と、室田淳は口を開いた。最終組の1組前でプレーしていた室田は、ブーンチュ・ルアンキットと一緒だった。そのルアンキットも前半1イーグル、1バーディと好調で「ルアンキットに引っ張られるように、いいリズムでゴルフができてきたんですよね。でも、まさかトップに追いつくなんて思ってもみなかったですよ」と語る。

 室田は、常に最後までゲームを捨てない。青木功の言葉を借りれば「それが勝負師。それがプロのプライドなんだよ」という。まさに室田には、その言葉があてはまるのだ。

 なんでそんなに強いんですか? と聞くと「いや強くないですよ。ただ勝ちたい。いいスコアで回りたいという気持ちだけです」といった。その軸線が一度もブレることがないのが、室田の強さだといえる。

「最後(プレーオフのパット)はねぇ。やっぱり(渡辺)司のあのバーディパットを見せられちゃったあとだからねぇ」といいながら、今度こそ! という言葉が聴こえてきそうだった。

文・三田村昌鳳

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ