日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

日本シニア

渡辺司 5年ぶり2度目の日本プロシニア制覇!

プレーオフを制し、2度目の日本プロシニア制覇を果たした渡辺司 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(最終日) 写真・山上忠
プレーオフを制し、2度目の日本プロシニア制覇を果たした渡辺司 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(最終日) 写真・山上忠

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 渡辺 司(東) +1 -11
2 室田 淳 -7 -11
3 ブーンチュ・ルアンキット -5 -10
4 フランキー・ミノザ -1 -6
5T 水巻 善典 -3 -5
5T グレゴリー・マイヤー +2 -5
7T 白石 達哉 -6 -4
7T 奥田 靖己 -4 -4
7T 加瀬 秀樹 -2 -4
7T 南條 勝美 +2 -4
日本プロゴルフシニア選手権(10月10~13日、茨城県・サミットGC、6921ヤード、パー72)

 国内シニアのメジャー第1戦、日本プロゴルフシニア選手権最終日。渡辺司が室田淳とのプレーオフを制し、2008年以来となる5年ぶり2度目の優勝を果たした。

 2位に5打差をつけてトップからスタートした渡辺は、前半を終えて一つスコアを伸ばし13アンダー。この時点でも、まだ2位以下に5打差をつけていた。しかし、

「9番ホールを終えて、優勝に一番近い位置にいることがわかり、口から心臓が飛び出しそうだった。本当はもっとピンを攻めなければいけないのに、5打差あることが自分を臆病にさせた」

 と振り返ったように、後半はなかなかチャンスにつけられず、15番(パー4)、16番(パー3)で連続ボギー。その間、「やっぱりかと思った」と渡辺が恐れていた室田淳が、驚異的な追い上げを見せた。

 トップから8打差の6位からスタートした室田は、前半で3つ、後半は5つのバーディ(1ボギー)を奪い、この日のベストスコアとなる65をマーク。通算11アンダーとし、勝敗の行方はプレーオフに持ち込まれた。

 18番(パー5)で行われたプレーオフは、ともに3オンでパッティング勝負に。先に渡辺が「優勝の行方は神様が決めてくれる」と願った長い距離のバーディパットを沈め、一方の室田は決めきれずパー。

「自分は(優勝に)ふさわしい人間とは思えないですが、たまにはいいことがやってくるもんです。(ギャラリーに向けて)こんなボクでもやれます」

 楽勝ムードから一転、接戦に持ち込まれたが、最後に女神がほほえんだのは渡辺だった。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ