日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

日本シニア

渡辺司 5打差独走も、数字には表れない二つのキーワード

弱気な発言も、優勝へ向かって突き進む渡辺司 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(3日目) 写真・山上忠
弱気な発言も、優勝へ向かって突き進む渡辺司 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(3日目) 写真・山上忠

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 渡辺 司(東) -2 -12
2 グレゴリー・マイヤー -3 -7
3 南條 勝美 +2 -6
4T フランキー・ミノザ -4 -5
4T ブーンチュ・ルアンキット +2 -5
6 室田 淳 +2 -4
7 中西 信正 -3 -3
8T 水巻 善典 -4 -2
8T 植田 浩史 -4 -2
8T 高松 厚 -1 -2


日本プロゴルフシニア選手権(10月10~13日、茨城県・サミットGC、6921ヤード、パー72)

 2位と5打差。12アンダーで独走している渡辺司は、外側から見れば楽勝のペースで最終日を迎える、はずである。

 けれども、数字には表れない心のうちが、実は、ある。渡辺の言葉から、二つのキーワードが発せられた。

 それは“奇跡”という言葉と“降参”という言葉だった。話を聞こう。

「今日は、アプローチが奇跡的に寄ったり、嫌なパーパットが奇跡的に入ったり。ほんと奇跡です。疲れました」

 この日70。前日の64というスコアが良すぎて、それと比較すれば、確かに前日の9バーディ、1ボギーと比較するとバーディ数は3つ、ボギー数は同じ。18ホールの半分バーディをとった昨日のラウンドが奇跡だったのでは? と思う。

 でも、戦う選手はピンチをなんとか逃れてパーを拾う、あるいは、5メートル、4メートルの難しいバーディパットを沈めることができて、崩れないゴルフを奇跡という言葉にするのかもしれない。

 そして降参……。それは「今日はなんとかピンチを奇跡的に逃れられたけれど、明日、もっとグリーンが硬くなってくれば、もう降参ですよ。守りきれない。ピンチをつくろえない」ということである。

「明日は、(試合中に)スコアボードを見て、あっ、また(スコア差が)縮んでいると、ビクビク、ドキドキしながらのプレーになるかも……」

 選手が、一見弱気な発言をするときは要注意だ。本心は、優勝に向かってまっしぐら、というときに、こういう発言をすることがあるからだ。

文・三田村昌鳳

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ