日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

日本シニア

G・マイヤー 攻めのゴルフで5打差を追う

通算7アンダーでトップと5打差の2位につけたG・マイヤー 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(3日目) 写真・山上忠
通算7アンダーでトップと5打差の2位につけたG・マイヤー 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(3日目) 写真・山上忠

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 渡辺 司(東) -2 -12
2 グレゴリー・マイヤー -3 -7
3 南條 勝美 +2 -6
4T フランキー・ミノザ -4 -5
4T ブーンチュ・ルアンキット +2 -5
6 室田 淳 +2 -4
7 中西 信正 -3 -3
8T 水巻 善典 -4 -2
8T 植田 浩史 -4 -2
8T 高松 厚 -1 -2


日本プロゴルフシニア選手権(10月10~13日、茨城県・サミットGC、6921ヤード、パー72)

 攻めるべきか、守るべきか……その決断に悩むことがある。グレゴリー・マイヤーもその逡巡(しゅんじゅん)の中でプレーしていた。

「攻めたいという気持ちはあるけれど、ミスしたときの代償も大きい。守ってばかりいては、追いつけない」

 という気持ちにさせているのは、公式戦にふさわしく仕上がったグリーンである。秋めく中で、まるで夏に戻ったような天候と乾燥で、グリーンはベストショットをしなければ止まらない。その計算がなかなかできないで攻めあぐむのである。

 それでもマイヤーは、初日から68、72、69で通算7アンダー。首位を走る渡辺司と5打差の2位である。

「初日、2日目と(渡辺)司さんと回ったんだけど、ああいうゴルフができたらなぁと思います」

 3日目の今日も、前半4ホールで3バーディと幸先のよいスタートだった。その流れにブレーキがかかったのは、6番(パー3)のボギーだった。攻めるゴルフの矛先がひるんで、心の片隅にあった守りのゴルフが増幅してしまう。それがこのコースの恐ろしさである。

「明日もバーディ、バーディというスタートを切りたい」というコメントは“攻めて行く”というスイッチにしっかりと切り替わった心情の表れだと思う。

文・三田村昌鳳

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ