日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

日本シニア

渡辺司が2位に5打差をつけ、通算12アンダーで首位キープ

通算12アンダーで首位を快走する渡辺司 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(3日目) 写真・山上忠
通算12アンダーで首位を快走する渡辺司 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(3日目) 写真・山上忠

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 渡辺 司(東) -2 -12
2 グレゴリー・マイヤー -3 -7
3 南條 勝美 +2 -6
4T フランキー・ミノザ -4 -5
4T ブーンチュ・ルアンキット +2 -5
6 室田 淳 +2 -4
7 中西 信正 -3 -3
8T 水巻 善典 -4 -2
8T 植田 浩史 -4 -2
8T 高松 厚 -1 -2
日本プロゴルフシニア選手権(10月10~13日、茨城県・サミットGC、6921ヤード、パー72)

 国内シニアのメジャー第1戦、日本プロゴルフシニア選手権3日目は、トップからスタートした渡辺司が3バーディ、1ボギーと二つスコアを伸ばし、通算12アンダーで2位に5打差をつけて首位をキープした。

 前半の3番(パー4)でバーディを先行させた渡辺は、7番(パー4)でボギーとするも、9番(パー5)で再びバーディ。後半は12番(パー5)でさらにスコアを一つ伸ばすと、その後はパープレーでまとめた。2日目に9バーディと爆発し、今日も安定したゴルフ。このまま明日の最終日も逃げきりを図りたいところだ。

 7位からスタートしたG・マイヤーが3つスコアを伸ばし、通算7アンダーで2位に浮上、2位からスタートした南條勝美は二つスコアを落とし、通算6アンダーで3位に後退した。

 連覇を目指す室田淳は、5バーディを奪う一方で4ボギー、最終18番(パー5)ではトリプルボギーをたたくなど、スコアを二つ落として通算4アンダーの6位。青木功は4ボギー、2ダブルボギーと崩れ、通算7オーバーの51位タイに後退した。

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ