日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ

日本シニア

連覇狙う室田淳は8位発進 南條勝美が6アンダーで単独トップ

6アンダーで単独トップに立った南條勝美 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(1日目) 写真・PGA
6アンダーで単独トップに立った南條勝美 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(1日目) 写真・PGA

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 南條 勝美 -6 -6
2 三好 隆 -5 -5
3T 白石 達哉 -4 -4
3T 大井手 哲 -4 -4
3T 海老原 清治 -4 -4
3T グレゴリー・マイヤー -4 -4
3T 比嘉 勉 -4 -4
8 室田 淳 -3 -3
9T 金 鍾徳 -2 -2
9T フランキー・ミノザ -2 -2
日本プロゴルフシニア選手権(10月10~13日、茨城県・サミットGC、6921ヤード、パー72)

 国内シニアのメジャー第1戦、日本プロゴルフシニア選手権が開幕し、南條勝美が6アンダーで単独トップに立った。2つスコアを伸ばして前半を折り返した南條は、10番(パー4)こそボギーとするも、その後は5つのバーディを重ね、トータル7バーディ、1ボギーの66で回り、幸先の良いスタートを決めた。

 1打差の2位は、1番(パー5)のイーグルを含む、4バーディ、1ボギーの67で回った三好隆、さらに1打差の3位タイに、海老原清治、白石達哉、大井手哲、比嘉勉、G・マイヤーの5人がつけている。

 ディフェンディングチャンピオンで、現在シニアツアー賞金ランキング1位の室田淳は、3バーディ、ノーボギーの3アンダーで回り、トップから3打差の8位。青木功は1アンダーの14位タイ、羽川豊は1オーバーの40位タイ。
1アンダーの71でエージシュートを達成した青木功 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(1日目) 写真・PGA
1アンダーの71でエージシュートを達成した青木功 日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ(2013)(1日目) 写真・PGA 【拡大】
三好隆のコメント(2位、5アンダー、67)
「今日はツキだけのゴルフだったよ。こんないいスコアが出るとは思っていなかった。練習ラウンドの時はパープレーぐらいがやっとだったからね。残り3日間、体力的にはしんどい。でも青木さんのエージシュートは励みになった。刺激になったよ」

室田淳のコメント(8位、3アンダー、69)
「ノーボギーだし、いいスタートが切れたと思っています。連覇に向けては、まあまあの出だし。傾斜はそんなにきつくないですよ。グリーンが大きくて難しいけど、ミスショットしても、球は乗ってくれます」

青木功のコメント(14位タイ、1アンダー、71)
「調子は悪くないけど体調がちょっと。今日は同伴の二人にうまく連れていってもらったよ。グリーンは硬くて速いからパッティング勝負になってくると思う。これから面白い展開になるんじゃないかな」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ