最終ラウンドは雨のため月曜に持ち越し 54ホールの短縮競技になる可能性も

松山英樹はフェデックスカップランク暫定23位と最終戦出場圏内に BMW選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images
松山英樹はフェデックスカップランク暫定23位と最終戦出場圏内に BMW選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images
<BMW選手権 最終日◇9日◇アロニミンクGC(7190ヤード・パー70)>

米国男子ツアーのプレーオフシリーズ第3戦「BMW選手権」。現地時間9日(日)に最終ラウンドが行われる予定だったが、土曜日から降り続いた雨の影響で、翌日の月曜日への順延が決定した。

午後から激しい雨予報となっていたため、スタート時間を現地時間の朝7時に早めていたが、前日から降り続いた雨の影響でコースコンディション不良のためスタートできず。午後2時までスタートを遅らせたが、天候の回復が見込めなかったために、最終ラウンドは月曜日に持ち越しとなった。

競技は現地時間10日(月)の7時30分から3サム2ウェイで行われる予定。月曜日中に全選手の半数以上がホールアウトできれば、火曜日までの持ち越しが可能。しかし、火曜日まで引き続き雨が予想されており、ホールアウトできた選手が半数以下となった場合、競技は土曜日までに行われた、第3ラウンドまでの54ホールでの決着となる。

プレーオフシリーズ最終戦「ツアー選手権」へは、本大会終了後のフェデックスカップランク上位30人が進出。このまま54ホールでの決着となった場合、3日目終了時点で7位タイとなっている松山英樹は、同ランクで暫定23位と圏内に入っている(前週終了時点では28位)。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

関連ニュース

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ