中日クラウンズ

国内男子

石川遼は“納得”バーディ発進も後半失速 「ああいうバーディがいくつ獲れるかがカギ」

石川遼は得意距離のバーディをゲットしたが、その後は停滞 中日クラウンズ(2021)(初日) 写真・岩本芳弘
石川遼は得意距離のバーディをゲットしたが、その後は停滞 中日クラウンズ(2021)(初日) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 金谷 拓実 -6 -6
2T 中島 徹 -5 -5
2T チャン・キム -5 -5
4T @笠原 瑛 -4 -4
4T R・ジョン -4 -4
4T 高山 忠洋 -4 -4
4T 竹谷 佳孝 -4 -4
4T 重永 亜斗夢 -4 -4
4T 梁文冲(リャンウェンチョン) -4 -4
4T ラヒル・ガンジー -4 -4
<中日クラウンズ 初日◇30日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)◇6557ヤード・パー70>

スタートホールのバーディは、組み立てていたプラン通りだった。366ヤードの10番パー4、ティショットで握ったのは5番ウッド。

「ドライバーで300ヤードくらい飛べば、ピンまで60ヤードくらいまで持っていける。自分が練習した距離が残せるかなと、色々なマネジメントがあった」と悩んだすえ、一番短いクラブを選択。右のセミラフに落としたティショットは110ヤードと、今シーズンで強化してきた距離だった。

52度で打った2打目を50センチにピタリ。「ああいうバーディが、今日いくつ獲れるかがひとつカギだと思っていた」とバーディ発進を決めたが、その後はなかなか伸ばすことができなかった。3メートルのチャンスにつけた16番では、ボールがカップをそれてしゃがみ込む。「昨日の雨のあとだったので、重くなることは想定していたけど、それより速い感じはしました」と17、18番でも惜しいバーディパットが続いて1アンダーで折り返した。

後半は5番から3連続ボギーなど失速。4バーディ・5ボギーの「71」と、1オーバーで初日を終えた。

54ホールに短縮となっただけに初日の出遅れは痛手だが、マネジメント通りにプレーできた部分に「内容は納得できるところもあった」と振り返る。「練習していることが、試合で少しずつでも増えていくように頑張りたい。短い戦いなので、明日あさってで伸ばしていけたら」と巻き返しを目指す。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「調子が良い悪い関係なく、泥臭く」 金谷拓実が後半「30」で初の単独首位発進

●アマゾン



●楽天


このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング