東建ホームメイトカップ

国内男子

「非常に悔しさが残るラウンド」 石川遼は『74』と出遅れ

初日はパッティングの距離感に苦しみ、出遅れてしまった 東建ホームメイトカップ(2021)(初日) 写真・米山聡明
初日はパッティングの距離感に苦しみ、出遅れてしまった 東建ホームメイトカップ(2021)(初日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 木下 稜介 -6 -6
2T 阿久津 未来也 -5 -5
2T 石坂 友宏 -5 -5
2T 小林 伸太郎 -5 -5
5T 金谷 拓実 -4 -4
5T 高山 忠洋 -4 -4
5T 中島 徹 -4 -4
5T 福永 安伸 -4 -4
9T 大槻 智春 -3 -3
9T 今平 周吾 -3 -3
<東建ホームメイトカップ 初日◇15日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重県)◇7081ヤード・パー71>

約4カ月のオフシーズンを経て、再開を迎えた国内男子ツアー。昨年の終盤2大会を連続トップ10で終えた石川遼だったが、21年初戦は思い通りにいかないスタートだった。

新コーチとスイング改造を始めてから1年以上が経つが、「練習と試合で違う感触になってしまう。緊張や欲が出るなかで、理想的なスイングがどの状況でもできるようになるには、まだまだ時間が必要」と唇を噛んだ。

チャンスホールのパー5でも、この日にバーディが獲れたのは3ホール中1つのみ。「思ったところにセカンド、サードショットが運べなかったので苦しかった」と、残る2ホールでボギー。3バーディ・6ボギーの「74」とスコアを崩し、3オーバーでホールアウト時点では110位タイ。「非常に悔しさが残るラウンドだった」と、苦い出だしとなった。

加えてグリーン上でも苦戦。例年上位につけているパッティングも、この日は見た目と実際の速さがかみ合わず「一生懸命打っているつもりだけど、全部手前で曲がってしまう。1回染みついた距離感を試合中に打破することができなかった」と、3パットも2度あった。

「あまり良いゴルフができなかったので残念ですけど、始まったばかりなので焦らずにやっていきたい」。あすは予選カットラインとの戦いになる。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・注目ルーキーのあくなき野望 石坂友宏が目指す“異例の出世コース”
・「松山選手のスイングを参考にしています」 木下稜介が21年初戦で単独首位発進!

●アマゾン




●楽天


このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング