ダンロップフェニックス

国内男子

石坂友宏と大槻智春が首位で最終日へ 金谷拓実3位、石川遼17位

ルーキーの石坂友宏 初優勝をかけて最終日に臨む ダンロップフェニックス(2020)(3日目) 写真・米山聡明
ルーキーの石坂友宏 初優勝をかけて最終日に臨む ダンロップフェニックス(2020)(3日目) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 大槻 智春 -5 -12
1T 石坂 友宏 -3 -12
3 金谷 拓実 -3 -11
4 木下 稜介 -3 -10
5T 稲森 佑貴 -3 -9
5T G・チャルングン -1 -9
7T 星野 陸也 -3 -8
7T 谷原 秀人 -3 -8
9T J・デロスサントス -6 -7
9T 時松 隆光 -4 -7
<ダンロップフェニックス 3日目◇21日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>

国内男子ツアー「ダンロップフェニックス」の第3ラウンドが終了。21歳のルーキー・石坂友宏とツアー2勝目を狙う大槻智春がトータル12アンダー・首位に並んで最終日を迎える。

トータル11アンダー・3位に金谷拓実。トータル10アンダー・4位に木下稜介、トータル9アンダー・5位タイに稲森佑貴、ガン・チャルングン(タイ)が続いた。

石川遼は「67」の好スコアをマークし、トータル5アンダー・17位タイに浮上。昨年覇者の今平周吾はトータル2アンダー・30位タイで最終日を迎える。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・石川遼は3つのパー5で1イーグル・2バーディを奪取 「3を狙わず4を獲りにいった」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ