日本オープンゴルフ選手権競技

国内男子

「4日間くり返せる攻めを」 石川遼が立てる“新ゲームプラン”

石川遼の新プラン ナショナルオープン優勝なるか 日本オープンゴルフ選手権競技(2020)(2日目) 写真・佐々木啓
石川遼の新プラン ナショナルオープン優勝なるか 日本オープンゴルフ選手権競技(2020)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 @河本 力 -2 -5
2T 谷原 秀人 -6 -4
2T @杉原 大河 -4 -4
2T @桂川 有人 -1 -4
2T 今平 周吾 E -4
6T 市原 弘大 -1 -3
6T 池村 寛世 -5 -3
8T 内藤 寛太郎 -2 -2
8T 関 将太 -2 -2
8T 谷口 徹 +1 -2
<日本オープンゴルフ選手権 2日目◇16日◇紫カントリークラブ すみれコース(千葉県)◇7317ヤード・パー70>

ナショナルオープンの初日を3オーバー・63位タイ発進と出遅れた石川遼。それでも、雨に見舞われた初日は「50位スタートくらいだと思っていた」と焦りはなかった。

穏やかな天候のなか迎えた2日目は、5バーディ・2ボギーの「67」でホールアウト。スコアを3つ伸ばして順調にスコアボードを上がっていく。今季は新コーチのもとでマネジメント強化に注力してきたが、そのゲームプランがピタリとかみ合った。

7月からウェッジを4本投入してきたが、その狙いは「140ヤード以内を自分の得意ゾーン」にすること。「48度から下で打てる時は、2回で上がる練習をしてきている」と、ショートゲームの精度の向上に力を入れてきた。

総距離7317ヤードと距離が長い本コースだが、ティショットでドライバーを握るとハザードにかかるホールも多い。加えて、18ホール2グリーンで面積が小さい上に傾斜がきつく、フェアウェイを外せば深いラフが待っている。「他の選手がガンガンドライバーでいくので、相当いいなとは思いますけど、自分のストロングポイントは違うと思う」とティショットで短いクラブを持ってショートゲームで勝負するプランで組み立てている。

例えば、この日の9番パー4(386ヤード)。フェアウェイ両サイドにバンカーが控えているが、ティショットで5番ウッドを握りセカンドは130ヤードを残した。「140ヤード以内を残せればPWで打てる。マネジメントどおりいい距離が残せた」と3.5mにつけてバーディフィニッシュを決めた。「4日間くり返せる攻めのプランニングをまず立てること。セカンドですごく長いプレーをしているような感じだけど、この位置でプレーできている」と好スコアにつながった。

2日目を上々の位置で終えて迎える決勝ラウンド。日本オープンタイトルを手に来週の米国へ、そんなシナリオも見えてきた。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「寝起きが悪いから…(笑)」 金谷拓実が決勝に向けて“覚醒”
・上位フィニッシュのはずが… 堀川未来夢が過少申告で失格、計2名が失格に

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ