フジサンケイクラシック

国内男子

星野陸也が堀川未来夢とのPO制し大会2勝目 アマ金谷拓実は5位T

星野陸也が大会2勝目! フジサンケイクラシック(2020)(最終日) 写真・岩本芳弘
星野陸也が大会2勝目! フジサンケイクラシック(2020)(最終日) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 星野 陸也 -1 -9
2 堀川 未来夢 -7 -9
3T 佐藤 大平 -6 -8
3T 時松 隆光 -1 -8
5T 今平 周吾 -3 -7
5T 金谷 拓実 -2 -7
7 内藤 寛太郎 -3 -6
8 池村 寛世 -3 -5
9T 大槻 智春 -1 -4
9T 小斉平 優和 E -4
<フジサンケイクラシック 最終日◇6日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566ヤード・パー71>

国内男子ツアーの「フジサンケイクラシック」最終日。首位スタートの星野陸也がスコアを一つ伸ばし、トータル9アンダーで並んだ堀川未来夢とのプレーオフに突入。1ホール目はともにパー。2ホール目はともにボギー。3ホール目でバーディを決めた星野が堀川を振り切り、昨年の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」以来となるツアー3勝目、2018年に続き大会2勝目を飾った。

星野は前半にダブルボギーを喫するなど苦戦したが、終盤の17番でバーディを奪い息を吹き返した。5バーディ・2ボギー・1ダブルボギーのラウンドで見事に勝利。これで10月に米国で開催される「ZOZO Championship」の出場権を獲得した。

堀川は惜しくも2位。トータル8アンダー・3位タイに佐藤大平と時松隆光。アマチュアの金谷拓実と今平周吾がトータル7アンダーの5位タイに入った。

石川遼はこの日3つスコアを落とし、トータルイーブンパーの21位タイ。大会3勝目はならなかった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・星野陸也がZOZO出場決める優勝 憧れの石川遼に並ぶ大会V2に「少しずつ近づけたかな」
・“グッドルーザー”堀川未来夢 星野陸也のバーディに「いい終わり方で負けた」
・「プラスと捉えるしかない」 石川遼はショット曲げるもアプローチに手ごたえ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ