フジサンケイクラシック

国内男子

「優勝してPGAツアーへ」 星野陸也が初優勝の地で首位奪取

大会2勝目に向け好調の星野陸也 フジサンケイクラシック(2020)(3日目) 写真・岩本芳弘
大会2勝目に向け好調の星野陸也 フジサンケイクラシック(2020)(3日目) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 星野 陸也 -4 -8
2 時松 隆光 -6 -7
3 比嘉 一貴 -4 -6
4 金谷 拓実 -6 -5
5T 今平 周吾 -3 -4
5T 塩見 好輝 -2 -4
5T 小斉平 優和 -2 -4
5T 小田 孔明 +2 -4
9T 秋吉 翔太 -4 -3
9T 内藤 寛太郎 -4 -3
<フジサンケイクラシック 3日目◇5日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566ヤード・パー71>

2年前にはじめて優勝カップを掲げた大会で、星野陸也がトップに返り咲いた。クラブやスイングに対して人一倍研究熱心な勉強家。「マネジメントを駆使して攻略するのが楽しい」と、難関コースは得意分野だ。

ボギー発進とつまずいても崩れない。「このコースはピンを攻めるだけではうまくいかない。ドロー、フェード、高い球、低い球、全部を使って攻略していく。ボギーを打っても、次のマネジメントをうまく切り替えるだけ」と、直後には8mを沈めて見事なバウンスバック。6番から3連続バーディを奪うなど勢いは止まらず、「67」と4つ伸ばしてホールアウト。混戦を抜け出し、トータル7アンダーで単独トップに躍り出た。

試合がなかった期間も、頭の中はゴルフでいっぱい。新スイングやクラブ研究に取り組み、「新しい発見がたくさんあった」とコロナ禍でも楽しみながら調整を行ってきた。一方で、不安要素として頭にあったのが世界ランクだ。

「どんどん下がっていくのをすごく気にしていて、はやく上げたいなと思っていました」。米国では6月にツアーが再開したが、日本ツアーでは本大会が1月以来の再開初戦。コロナ禍で世界ランクが凍結した際は117位だったが、徐々に下がり、現在は142位まで下降した。

そんな中、朗報が届いたのは今朝。10月に行われる米ツアー「ZOZO Championship」に本大会の優勝者が出場できることが決定した。「優勝してPGAツアーに出て、経験することはいっぱいある。早くそういう試合に出たい」と、この優勝でV字回復を目指したいところだ。2年前は、世界ランク341位で迎えた本大会で優勝。今年は日本のトップ選手として、世界の舞台を目指す位置にきた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・2度の左のミスに「がっかり」 石川遼は第3ラウンドで5打差に後退
・フジサンケイクラシック優勝者に出場資格 「ZOZO Championship」のJGTO枠が決定!

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング