フジサンケイクラシック

国内男子

先輩の追い上げに「やっかいだな…」 星野陸也が若手対決を振り切り逃げ切りV

突然の雨に傘を共有 やっかいな先輩はやさしい先輩だ(左は堀川未来夢) フジサンケイクラシック(2020)(最終日) 写真・岩本芳弘
突然の雨に傘を共有 やっかいな先輩はやさしい先輩だ(左は堀川未来夢) フジサンケイクラシック(2020)(最終日) 写真・岩本芳弘

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 星野 陸也 -1 -9
2 堀川 未来夢 -7 -9
3T 佐藤 大平 -6 -8
3T 時松 隆光 -1 -8
5T 今平 周吾 -3 -7
5T 金谷 拓実 -2 -7
7 内藤 寛太郎 -3 -6
8 池村 寛世 -3 -5
9T 大槻 智春 -1 -4
9T 小斉平 優和 E -4
<フジサンケイクラシック 最終日◇6日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566ヤード・パー71>

トータル8アンダー、1打のリードを持って単独トップで迎えた最終日。2年前に制した大会とはいえ、すんなり勝たせてはもらえなかった。

最終ラウンドは終盤まで、今平周吾、時松隆光、佐藤大平らが競り合う大混戦。その中で、猛攻をかける大学の先輩の名前をみつけた。6打差から追い上げてきたのが堀川未来夢。上位選手で唯一のボギーなし、7バーディを奪ってトップに躍り出た。

星野の5組前でプレーしていた堀川は、トータル9アンダーでホールアウト。「伸ばしているなとずっと思っていて、先にホールアウトされたらやっかい…、いえ、イヤだなと思っていたんですけど(笑)」と、星野がトータル9アンダーで15番を終えた時点で、同じくトップに堀川の名前が並んだ。

最終ホールは難易度第3番目の難関ホール、1打のリードを持って迎えたかったが、16番パー3で2オン2パットのボギー。「予想外のボギーで、17番のバーディがマストになってしまった」とプレッシャーがかかる中、イーグル逃しのバーディを奪取。堀川に追いつき、プレーオフに持ち込んだ。

最終決戦は3ホールにわたる長期戦。1ホール目をパーで分けると雨脚が強まりだした。「未来夢さんはセカンドショットがうまいし、ティショットも曲がるタイプじゃない。自分の持ち味は飛距離。それで圧倒しないといけない」とドライバーを握ってティショットでリードをとる。2ホール目は堀川が先にボギーで上がり、「大チャンスだった」と振り返った5mのパーパットは、カップに蹴られて入らず3ホール目に突入した。

再びドライバーを振ったティショットはフェアウェイを捉え、2打目で堀川よりも内側につける。バーディパットを逃した堀川がじっと見つめる前で、約7mのバーディパットを沈めてガッツポーズ。「めちゃくちゃ、めちゃくちゃうれしいです!」と先輩の猛追を振り切って優勝。堀川も笑顔で後輩の勝利をたたえた。

堀川や今平をはじめ、若手世代の優勝争いで幕を閉じた男子ツアーの再開初戦。この先、日本のトップにたどりつくには、“やっかいな”先輩たちが待っている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・星野陸也がZOZO出場決める優勝 憧れの石川遼に並ぶ大会V2に「少しずつ近づけたかな」
・“グッドルーザー”堀川未来夢 星野陸也のバーディに「いい終わり方で負けた」
・「プラスと捉えるしかない」 石川遼はショット曲げるもアプローチに手ごたえ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ