シンハン・ドンヘ・オープン

国内男子

JGTOメンバーが好スタート 今平周吾とC・キムが首位発進

今平周吾が首位発進!(ANAオープン撮影) シンハン・ドンヘ・オープン(2019)(1日目) 写真・佐々木啓
今平周吾が首位発進!(ANAオープン撮影) シンハン・ドンヘ・オープン(2019)(1日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 今平 周吾 -5 -5
1T チャン・キム -5 -5
3T W・J・リー -4 -4
3T 李 泰熙 -4 -4
3T S・ビンセント -4 -4
6T 李 首民 -3 -3
6T 大槻 智春 -3 -3
6T S・ケーオカンジャナ -3 -3
6T 稲森 佑貴 -3 -3
6T 徐曜燮(ソヨソプ) -3 -3
<シンハン・ドンヘ・オープン 初日◇19日◇ベアズ・ベスト・チェオンナGC(韓国・仁川)◇7238ヤード・パー71>

日本、韓国、アジアの3ツアー共催大会の初日が終了。ともに「66」をマークした今平周吾とチャン・キム(米国)が、5アンダー・首位タイ発進を決めた。

首位と1打差・3位タイにはウォンジョン・リー(オーストラリア)、イ・テヒ(韓国)、スコット・ビンセント(ジンバブエ)の3人、首位と2打差・6位タイには稲森佑貴、大槻智春ら8人が続いた。

前週の「ANAオープン」で今季2勝目を挙げた浅地洋佑は1オーバー・59位タイ。同大会で浅地らとのプレーオフに臨んだ時松隆光は3オーバー・87位タイ、嘉数光倫は2オーバー・71位タイ。

その他では、堀川未来夢がイーブンパー・38位タイ、星野陸也が3オーバー・87位タイで初日を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ