カシオワールドオープン

国内男子

キム・キョンテが逆転で3年ぶりV 賞金王決定は最終戦へ持ち越し

鬼のキョンテが3年ぶりの勝利をつかんだ カシオワールドオープン(2019)(最終日) 写真・鈴木祥
鬼のキョンテが3年ぶりの勝利をつかんだ カシオワールドオープン(2019)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 キム・キョンテ -8 -20
2 ショーン・ノリス -8 -18
3 A・クウェイル -2 -17
4 ハン・スンス -4 -16
5T チャン・キム -6 -15
5T 宮本 勝昌 -4 -15
7T 武藤 俊憲 -7 -14
7T 姜 庚男 -5 -14
7T 川村 昌弘 -4 -14
10T 額賀 辰徳 -4 -13
<カシオワールドオープン 最終日◇1日◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知県)◇7335ヤード・パー72>

国内男子ツアー「カシオワールドオープン」の最終日が終了し、首位と3打差から出たキム・キョンテ(韓国)が8バーディ・ノーボギーの「64」をマーク。トータル20アンダーで逆転し、2016年「~全英への道~ ミズノオープン」以来3年ぶりのツアー14勝目をつかんだ。

2打差2位に賞金ランキング2位のショーン・ノリス(南アフリカ)。3打差3位にアンソニー・クウェイル(オーストラリア)が入った。

ホストプロの石川遼はトータル13アンダー・10位タイで4日間を終えた。

賞金ランキング1位の今平周吾はトータル7アンダー・39位タイでフィニッシュ。賞金王争いは最終戦の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」にもつれ込むことになった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・賞金王争いは最終戦へ! 今平周吾とS・ノリスの一騎打ちに【男子賞金ランキング】
・「もうちょっといけた」 石川遼は優勝争いに絡めず10位タイで終了

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ