カシオワールドオープン

国内男子

A・クウェイルが単独首位浮上、小林伸太郎は2位後退 石川遼が「67」で7位タイに

A・クウェイルがツアー初優勝へ絶好の位置につけた カシオワールドオープン(2019)(3日目) 写真・鈴木祥
A・クウェイルがツアー初優勝へ絶好の位置につけた カシオワールドオープン(2019)(3日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 A・クウェイル -7 -15
2 小林 伸太郎 -3 -13
3T ハン・スンス -6 -12
3T キム・キョンテ -6 -12
5T 小田 孔明 -4 -11
5T 宮本 勝昌 -4 -11
7T 浅地 洋佑 -6 -10
7T 重永 亜斗夢 -6 -10
7T 川村 昌弘 -5 -10
7T 石川 遼 -5 -10
<カシオワールドオープン 3日目◇30日◇Kochi黒潮カントリークラブ(高知県)◇7335ヤード・パー72>

国内男子ツアー「カシオワールドオープン」は3日目の競技が終了した。トータル15アンダーでトップに立ったのはアンソニー・クウェイル(オーストラリア)。2打差の2位に前日トップの小林伸太郎が続いている。

以下、トータル12アンダー・3位タイにスンス・ハン(米国)とキム・キョンテ(韓国)。トータル11アンダーの5位タイに小田孔明、宮本勝昌のベテラン2人が続く。

大会ホストプロの石川遼は「67」をマークし、トータル10アンダーまでスコアを伸ばした。浅地洋佑、重永亜斗夢、川村昌弘のほか、逆転での賞金王を狙うショーン・ノリス(南アフリカ)とともに7位タイで最終日に向かっていく。

今大会の結果次第で2年連続の賞金王が決まる今平周吾は、トータルイーブンパー・59位タイで3日目の競技を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・賞金王争いは最終戦決着が濃厚か!? 今平周吾に逆転の危機

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ