ダンロップフェニックス

国内男子

石川遼が3試合ぶりの予選通過 苦しい2日間を終えて「まだまだ」

石川遼が久々の予選通過 ダンロップフェニックストーナメント(2019)(2日目) 写真・佐々木啓
石川遼が久々の予選通過 ダンロップフェニックストーナメント(2019)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 池田 勇太 -1 -5
1T 今平 周吾 +1 -5
3T 黄 重坤 -4 -4
3T C・モリカワ -4 -4
5T プラヤド・マークセン -1 -3
5T 市原 弘大 E -3
5T 張 棟圭 +4 -3
5T 木下 稜介 E -3
9T C・チャンプ -4 -2
9T 星野 陸也 E -2
<ダンロップフェニックストーナメント 2日目◇22日◇フェニックスカントリークラブ(宮崎県)◇7027ヤード・パー71>

「ダンロップフェニックストーナメント」の2日目が終了。トータル3オーバー・53位から出た石川遼は、この日を3バーディ・5ボギーの「73」でラウンド。スコアを伸ばすことはできなかったが、トータル5オーバー・49位タイで久々の予選通過を果たした。

今季2勝者らしからず、「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」、「三井住友VISA太平洋マスターズ」と2週連続の予選落ち。ショットの不調が続いており、今週も予選2日間併せてフェアウェイキープ率は39.29%(56位タイ)、パーオン率は50%(58位タイ)となっている。「内容的には昨日よりよかった。15番で1回右の林に入ってボギーにしているので、ドライバーのミスはほとんどそれだけ。その1回が出ないようにしないといけない。まだまだだと思います」と復調には至っていない。

「自分にとって苦しい2日間だった」と振り返った予選ラウンドを終え、残り2日間を戦うチャンスは手に入れた。「結果にかかわらず、スイングのキレが出てくることが不可欠。それがやっと今日できた感じがあるので、明日もすごく楽しみにしています」と語った。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・松山英樹、「+5」発進にも動じず プロ転向後初の大叩きでも4差をキープ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ