三井住友VISA太平洋マスターズ

国内男子

歴代賞金王も絶賛の強さ! 金谷拓実、松山英樹以来のアマチュアVなるか?

快挙達成に前進!金谷拓実がトップで最終日へ 三井住友VISA太平洋マスターズ(2019)(3日目) 写真・村上航
快挙達成に前進!金谷拓実がトップで最終日へ 三井住友VISA太平洋マスターズ(2019)(3日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 金谷 拓実 -7 -8
2T ショーン・ノリス -3 -7
2T Y・E・ヤン -1 -7
4 池田 勇太 -4 -6
5T 片山 晋呉 -3 -5
5T 正岡 竜二 +1 -5
5T 時松 隆光 -1 -5
8T 出水田 大二郎 -5 -4
8T ブレンダン・ジョーンズ -2 -4
10T 姜 庚男 -4 -3
<三井住友VISA太平洋マスターズ 3日目◇16日◇太平洋クラブ御殿場コース(静岡)◇7262ヤード・パー70>

世界アマチュアランキング1位の金谷拓実が、並み居る強豪を抑えてついにトップに立った。

最終組から6組前でプレーしていた金谷は、この日7つスコアを伸ばす猛チャージを見せ単独首位に浮上。このまま優勝すれば、2011年、東北福祉大の先輩である松山英樹がこの大会を制して以来のアマチュアVとなる。

金谷はこの日7バーディ・1ボギーのトーナメントコースレコード「63」をマークしたが、パーオン率では83.33%でプロたちを差し置いて1位に。また「パターの調子がすごく良かった」と語るように平均パット数は1.5333で3位。ショットとパットがうまくかみ合い、爆発的なスコアをマークした。昨年は「周りの選手のプレーを見すぎて集中力を欠いていた」が、今年は「自分のベストを尽くす」ことでコースを攻略。雑音を自らの中で消し切って、最高の位置で最終日を迎える。

明日は、2年前の「日本オープン」でアマチュア優勝を阻まれた池田勇太や、アジア人初のメジャー覇者、Y・E・ヤン(韓国)、好調のショーン・ノリス(南アフリカ)らと優勝を争うことになるが「最後まであきらめずにプレーすればいいことがある。自分としても優勝したいし、優勝を意識してプレーします」と語った金谷。2年前の日本オープンでの池田との優勝争いで敗れた悔しさがその後のアジアアマ制覇などの「すべての原動力」になったというが、2年前の悔しさを晴らすためにも優勝あるのみだ。

過去2度の賞金王に輝き、今日、金谷と一緒に回ったキム・キョンテ(韓国)も「いい意味でアマチュアっぽくない選手。ピンを攻めるだけでなく、コース攻略にも長けている。自分のスタイルを持っていて、メンタルがとても強い。明日、優勝のチャンスは十分にある」とその実力に太鼓判を押していた。

11年、アマチュアの松山はこの地で優勝して、日本を代表する世界レベルの選手へと成長を遂げた。8年後の今年、またこの御殿場からニューヒーローが誕生するのか。明日は全ゴルフファンの視線が富士の麓に注がれることになるだろう。(文・大泉英子)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・やはり“秋に強い男”! 池田勇太はついに苦手大会克服なるか?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ