HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

国内男子

“虎さん”が今季初優勝 賞金ランク1位の今平周吾は終盤のボギーに泣く

“虎さん”が今季初優勝! HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(2019)(最終日) 写真・佐々木啓
“虎さん”が今季初優勝! HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(2019)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 崔 虎星 -4 -14
2 今平 周吾 -3 -12
3T ショーン・ノリス -6 -11
3T D・ペリー -5 -11
5T ブラッド・ケネディ -4 -10
5T S・ビンセント -3 -10
7 R・ジョン -2 -9
8 時松 隆光 -6 -8
9T アンジェロ・キュー -4 -7
9T 金成ヒョン(キムソンヒョン) -3 -7
<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 最終日◇10日◇PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄県)◇7226ヤード・パー71>

賞金総額2億円、優勝賞金4000万円のビッグトーナメント「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」最終日。今年最後の沖縄県のゴルフトーナメントを制したのはトータル14アンダーまで伸ばした虎さんことチェ・ホソン(崔虎星、韓国)だった。

首位から出たホソンは、前半だけで4バーディと猛チャージをかけてくる賞金ランキング1位の今平周吾に一度は抜かれはしたが、11番で再度首位に浮上すると、もう一度並ばれた17番でバーディを奪って勝負を決めた。その17番でボギーを叩いた今平はトータル12アンダーの2位で終わった。

トータル11アンダーの3位タイにはこの日8バーディを奪った昨年覇者のショーン・ノリス(南アフリカ)とディラン・ペリー(オーストラリア)。トータル10アンダーの5位タイにはスコット・ビンセント(ジンバブエ)とブラッド・ケネディ(オーストラリア)が入った。

その他、ホストプロの池田勇太はトータル6アンダーの12位タイで4日間を終えている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・“1勝の賞金王”に募る悔しさ 今平周吾がまたも惜敗「優勝しないと意味が無い」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ