HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

国内男子

S・ビンセントが単独首位浮上 石川遼は予選落ち

単独首位に浮上したスコット・ビンセント HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(2019)(2日目) 写真・佐々木啓
単独首位に浮上したスコット・ビンセント HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(2019)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 S・ビンセント -6 -10
2 宮本 勝昌 -3 -8
3T 崔 虎星 -4 -7
3T ブラッド・ケネディ -2 -7
3T 今平 周吾 -7 -7
6 久保谷 健一 -3 -6
7T D・ペリー -1 -5
7T ハン・スンス E -5
7T 阿久津 未来也 -2 -5
10T 池田 勇太 E -4
<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 2日目◇8日◇PGMゴルフリゾート沖縄(沖縄)◇7226ヤード・パー71>

国内男子ツアー「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の2日目が終了。1イーグル・4バーディ・ノーボギーの「65」をマークしたスコット・ビンセント(ジンバブエ)がトータル10アンダー・単独トップに立った。

2打差2位に宮本勝昌。3打差3位タイに今平周吾、チェ・ホソン(韓国)、ブラッド・ケネディ(オーストラリア)が続いた。

初日に4オーバーと出遅れた石川遼は、この日も4バーディ・1ボギー・2ダブルボギーと「72」と振るわず。トータル5オーバーで今季3度目の予選落ちを喫した。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ