トップ杯東海クラシック

国内男子

S・ノリスが単独首位浮上 1打差2位に比嘉一貴、石川遼は32位タイに浮上

単独首位に浮上したS・ノリス トップ杯東海クラシック(2019)(3日目) 写真・佐々木啓
単独首位に浮上したS・ノリス トップ杯東海クラシック(2019)(3日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ショーン・ノリス -5 -10
2 比嘉 一貴 -5 -9
3 堀川 未来夢 -2 -8
4T 秋吉 翔太 -4 -7
4T 今平 周吾 -1 -7
6 時松 隆光 -2 -5
7 大槻 智春 -1 -4
8T ジェイブ・クルーガー -5 -3
8T 佐藤 大平 -3 -3
8T S・H・キム -2 -3
<トップ杯東海クラシック 3日目◇5日◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知県)◇7295ヤード・パー71>

「トップ杯東海クラシック」の第3ラウンドが終了。「66」とスコアを5つ伸ばしたショーン・ノリス(南アフリカ)がトータル10アンダーの単独首位に浮上した。

1打差の2位に比嘉一貴、首位と2打差の3位には堀川未来夢。トータル7アンダーの4位タイには秋吉翔太と今平周吾が続いている。

カットラインギリギリで予選通過を果たした石川遼は「68」と3つ伸ばしてトータル1オーバーの32位タイに浮上している。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・19年ぶりに男子ツアーでドラコン大会を開催!優勝はラフに346ヤード飛ばしたチャン・キム

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ