トップ杯東海クラシック

国内男子

“直ドラ”が流れを変えた!? 冷静な判断で奪った初バーディ

石川遼はイーブンパー18位タイ発進 トップ杯東海クラシック(2019)(初日) 写真・佐々木啓
石川遼はイーブンパー18位タイ発進 トップ杯東海クラシック(2019)(初日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 堀川 未来夢 -4 -4
1T 比嘉 一貴 -4 -4
3T S・H・キム -3 -3
3T 今平 周吾 -3 -3
3T 池田 勇太 -3 -3
3T ショーン・ノリス -3 -3
7T 金成?(キムソンヒョン) -2 -2
7T 塩見 好輝 -2 -2
7T ポール・ピーターソン -2 -2
7T @木村 太一 -2 -2
<トップ杯東海クラシック 初日◇3日◇三好カントリー倶楽部 西コース(愛知県)◇7295ヤード・パー71>

いきなりスタートの10番パー4でボギーを叩くと、続く11番パー4、13番パー3でもボギーを叩いた石川遼。これで「ANAオープン」(11~13番)、「パナソニックオープン」(10、12、16番)に続き、出場3試合連続でボギーが3つ先行する初日となった。

「10番ではいいティショット、いいセカンドショットだったのに、風の影響でグリーンを外してしまいました。自分の感覚ではOKバーディについているぐらいだったんですけどね」

これまでの2試合は初日をイーブンパー、1オーバーでフィニッシュしたが、最終的に6位タイ、単独3位で終えているだけに、初日の出遅れさえなければという見方もできる。どちらにせよ、早い段階でイーブンパーまで戻さなければ話にならない。なかなかバーディを奪えない状態で迎えたのが、15番パー5だ。570ヤードと今大会では最長ホールで放ったティショットはきっちりとフェアウェイをとらえる。2オンが難しい場合は得意距離を残したいところだが、グリーン左手前に縦長の池が控えているので、100ヤード以上を残して池の手前に刻むことになる。果たして石川はどのように攻めるのかと思われたが、なんと手にしたのはドライバーだった。

「フェアウェイから100ヤードの距離を打つよりも、ラフから30~40ヤードの距離を打つ方が簡単かなと。ただ、3番ウッドでグリーン狙う場合、飛距離を出すためにフック系のボールで攻めるため、左の池が気になります。それならたとえミスをしても左には曲がりにくいドライバーを選択したんです」

最高の結果は真っすぐ飛んでいくことだったが、ある意味で計算どおり、ボールは右に曲がってラフに留まった。結果的にこのホールを3オン1パットのバーディでフィニッシュしたことを考えると、冷静な判断が功を奏したと言える。続く16、17番でもバーディを奪い、イーブンに戻した石川。けっして無謀ではなく、ち密な計算での“直ドラ”ショットが悪い流れを変えたと言える。

結果的に18ホールをパープレーで終えたが、この日は台風18号の影響でスタート時から風が強く、ピンフラッグが強くはためく中でのラウンドだった。しかも、例年の風向きと違うだけに、今一つ風を読み切れずに苦戦する選手も多かった。アイアンショットには不満が残るものの、「ドライバーショットが大きく曲がらなかったことは収穫だった」という石川。首位とはまだ4打差しかないうえに、今季は2日目に好スコアをマークする確率が高い。18位タイから一気に上位へと駆け上がる余地は十分ありそうだ。

(文・山西英希)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・堀川未来夢、あえての“グリーン外し”作戦成功!寄せワンラッシュで首位奪取!

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ