ANAオープン

国内男子

今平周吾、星野陸也ら4人が首位発進 石川遼は42位T

今平周吾らがトップで初日を終えた ANAオープンゴルフトーナメント(2019)(初日) 写真・佐々木啓
今平周吾らがトップで初日を終えた ANAオープンゴルフトーナメント(2019)(初日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 出水田 大二郎 -6 -6
1T 時松 隆光 -6 -6
1T 今平 周吾 -6 -6
1T 星野 陸也 -6 -6
5 ショーン・ノリス -5 -5
6T P・カーミス -4 -4
6T ポール・ピーターソン -4 -4
6T ハン・リー -4 -4
9T 中西 直人 -3 -3
9T 趙 珉珪 -3 -3
<ANAオープンゴルフトーナメント 初日◇12日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(北海道)◇7063ヤード・パー72>

2年ぶり開催の国内男子ツアー「ANAオープン」初日が終わった。6アンダーのトップには出水田大二郎、時松隆光、今平周吾、星野陸也が並んだ。1打差にショーン・ノリス(南アフリカ)が続く。

前回王者の池田勇太は2アンダー・15位タイ。2015年大会を制している石川遼は、1イーグル・3バーディ・5ボギーと出入りの激しいゴルフで、イーブンパー・42位タイ。

また6月の「日本ゴルフツアー選手権」以来のツアー出場となった尾崎将司は、9オーバーで最下位の120位だった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ジャンボ尾崎は18H完走 46年前の栄光に「素晴らしい顔をしてるよね」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ