フジサンケイクラシック

国内男子

石川遼が首位と3打差・6位タイ C・キムが単独首位

石川遼が首位と3打差発進 フジサンケイクラシック(2019)(初日) 写真・村上航
石川遼が首位と3打差発進 フジサンケイクラシック(2019)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 チャン・キム -6 -6
2T アンジェロ・キュー -5 -5
2T 谷口 徹 -5 -5
4T 市原 弘大 -4 -4
4T T・ペク -4 -4
6T 石川 遼 -3 -3
6T 崔 虎星 -3 -3
6T 上井 邦裕 -3 -3
6T G・チャルングン -3 -3
6T 藤本 佳則 -3 -3
<フジサンケイクラシック 初日◇5日◇富士桜カントリー倶楽部(山梨県)◇7566ヤード・パー71>

初日が日没サスペンデッドとなっていた「フジサンケイクラシック」の第1ラウンドが終了。初日に「65」をマークしたチャン・キム(米国)が、6アンダーで単独首位発進を決めた。

首位と1打差・2位タイには谷口徹とアンジェロ・キュー(フィリピン)、2打差・4位タイには市原弘大、トッド・ペク(米国)の2人が続いた。

今季2勝を挙げている石川遼は、「68」をマークして首位と3打差の6位タイ。同じく6位タイには、昨年賞金王の今平周吾、香妻陣一朗、鍋谷太一、チェ・ホソン(韓国)ら9人が並んでいる。

昨年覇者の星野陸也はイーブンパー・32位タイ、米国ツアーを主戦場とする小平智もおなじく32位タイのスタートとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・うまくなりたきゃグイグイいけ!鍋谷太一の「切り込み術」
・『シニア組』からは卒業希望? 谷口徹が大会5年ぶりの好スタート

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ