ダンロップ・スリクソン福島オープン

国内男子

勝つべくしてつかんだ優勝 星野陸也が描くマイルストーン

ツアー2勝目を挙げた星野陸也 23歳が描く未来図は? ダンロップ・スリクソン福島オープン(2019)(最終日) 写真・鈴木祥
ツアー2勝目を挙げた星野陸也 23歳が描く未来図は? ダンロップ・スリクソン福島オープン(2019)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 星野 陸也 -7 -20
2 秋吉 翔太 -9 -18
3T ジャズ・ジェーンワタナノンド -5 -16
3T 岩田 寛 E -16
5T R・ジョン -7 -15
5T 今平 周吾 -4 -15
7T 武藤 俊憲 -7 -14
7T 木下 稜介 -6 -14
7T 高橋 賢 -6 -14
7T 大槻 智春 -5 -14
<ダンロップ・スリクソン福島オープン 最終日◇30日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(福島県)◇6961ヤード・パー72>

「最終日をやっていても、たぶん優勝できたと思います」。笑顔を交えながらもそう語れるほど、自信を持って臨めていた。

悪天候によるコースコンディション不良の影響で最終ラウンドが中止となり、3日目終了時点でトータル20アンダー・単独首位に立っていた星野陸也がツアー2勝目をつかんだ。

シーズンオフには、1年を通しての課題や目標を洗い出している。今季は“まずシーズン前半で1勝”を目標に、ここまで準備を積み重ねてきた。「今年はメルセデスランキングもあるので、それでも1位になりたいと思っていた。細かい数字を気にするようになってから、ゴルフもよくなってきた」。スタッツのトータルポイントを順位付けする同ランクを意識し、足を引っ張っていたというフェアウェイキープ率や平均パット数を重視。昨年24位(1.7742)だった平均パットは今季1位(1.6950)、フェアウェイキープ率では本大会で8位(78.57%)に入った。

着々とレベルアップを図りながら、今季は「中日クラウンズ」で5位タイ、「関西オープン」ではプレーオフに敗れての2位など優勝をかすめてきた。「何回かチャンスはあったけど、このままやっていればそのうち優勝がくる」と思っていた矢先、シーズン後半を目前に降ってきた2勝目。「2勝目は、予想と同じか、少し早いくらいですね。4日間プレーして優勝というのが一番うれしいけど、しっかり実力を出し切って成績を出せた。率直にすごくうれしいです」と顔がほころぶ。

シーズン前半での2勝目は第一歩。「最終的な目標は賞金王になること。次はZOZOチャンピオンシップに出るという目標もあるので、そこまでにしっかり賞金ランクを上げる。そこで成績を残せたら賞金王争いができますし、その調子でいけば2勝、3勝もできる」。

昨年は「ツアーで1勝することと、メジャーに1試合出ること」を目標にシーズンイン。「フジサンケイクラシック」での優勝、「全米オープン」への出場と、ともに達成させた。「夢に向かって頑張っていれば、必ず成功するということを子どもたちに伝えたい」と語った星野。自身の背中で見せていく。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・秋吉翔太は“2打差逆転”ならず 不戦敗で無念も次戦は第2の地元へ
・ビッグドライブの次世代スターに期待! AON、石川遼に次ぐツアーの顔は?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ