ダンロップ・スリクソン福島オープン

国内男子

石川遼は自身の“バロメーター”の2番アイアン多用でスコア以上に納得

石川遼は2番アイアン多用で納得 ダンロップ・スリクソン福島オープン(2019)(初日) 写真・鈴木祥
石川遼は2番アイアン多用で納得 ダンロップ・スリクソン福島オープン(2019)(初日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 岩田 寛 -9 -9
2T 稲森 佑貴 -7 -7
2T 池田 勇太 -7 -7
2T 正岡 竜二 -7 -7
5 R・ジョン -6 -6
6T 西村 匡史 -5 -5
6T ジャズ・ジェーンワタナノンド -5 -5
6T 上井 邦裕 -5 -5
6T 木下 裕太 -5 -5
6T 武藤 俊憲 -5 -5
<ダンロップ・スリクソン福島オープン 初日◇27日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(福島県)◇6961ヤード・パー72>

トップの岩田寛が9アンダー、オーバーパーを打ったのは143人中40人と、今年も初日から伸ばし合いとなった。午後組でスタートした石川遼は6バーディを奪ったが、3ボギー・1ダブルボギーと1アンダーでフィニッシュ。まだ発展途上の状態の表れか、出入りの激しい1日となった。

63位タイ発進と遅れをとってのスタートとなったが、ホールアウト後の表情に暗さは見えない。「悪いところもない感じがするし、6個バーディが獲れているのもある。ボギーを打ったところは原因もあるし、“今のは防げたな”というのは無かった」と、自身の中で善し悪しが明確になっていることもあってか、スッキリとした表情を見せた。

トータル6961ヤードと距離が長くないこともあり、この日は課題とするドライバーを握ったのは半分ほど。代わりに手にしたのが2番アイアン。「300ヤードくらいから狭くなるホールが多いので、その手前で止める選手が多いと思う」と多用。加えて、2番アイアンはショットの調子を図る尺度となっている。「5、6回くらい使った。スイングがよくないと打てないので、ひとつのバロメーターになっている。それがいい感じで打てていると、ドライバーからサンドウェッジまで問題なく打てる」。

明日はまず予選通過に向けて巻き返しが必要となるが、「全体的にはそんなに悪くないので、バーディも獲れていますし、とにかくこれを続けていくしかないと思う」とひとつずつステップを踏んでいく。

(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・あれっ…どっちが先輩? 池田勇太、マブダチの活躍に「オレのパターで稼ぐなよ」
・初優勝からどん底へ… 35歳でつかんだチャンス、河合庄司の挑戦

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ