~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤル ゴルフクラブ

国内男子

“モンスター”が本領発揮 単独トップ浮上・今平周吾は8000ヤード超のコースを前に何を思う?

いよいよ“モンスター”の全貌が明らかに 賞金王はどう立ち向かう? ~全英への道~ミズノオープンatザ・ロイヤルGC(2019)(2日目) 写真・佐々木啓
いよいよ“モンスター”の全貌が明らかに 賞金王はどう立ち向かう? ~全英への道~ミズノオープンatザ・ロイヤルGC(2019)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 今平 周吾 -5 -8
2 金永雄(キムヨンウン) -4 -6
3 永野 竜太郎 -2 -5
4T W・J・リー -2 -4
4T キム・キョンテ +1 -4
4T D・ペリー +1 -4
7T 中里 光之介 E -2
7T 木下 稜介 +1 -2
7T Y・E・ヤン +1 -2
7T チャン・キム +1 -2
<~全英への道~ミズノオープンatザ・ロイヤルGC 2日目◇31日◇ザ・ロイヤル ゴルフクラブ(茨城県)◇8016ヤード・パー72>

賞金王が来た! トップと2打差の4位タイからスタートした今平周吾が、6バーディ・1ボギーで、この日のベストスコアタイとなる「67」をマーク。トータル8アンダーに伸ばし、2位と2打差の単独トップに立った。

スタートの1番で2mのバーディパットを沈めると、そこから3番、6番と前半から3つスコアを伸ばした。「バーディが獲れて流れに乗ることができた」と、その後も勢いは衰えず。10番で4m、12、14番で3mのバーディチャンスをきっちりモノに。16番ではバンカーでアゴ近くから出すだけというピンチが訪れたが、ボギーで最低限のロスで防ぐ。「ドライバーもよくて、アイアンもピンに行った。ストレスなく回れました」。このビッグスコアを、いつもと同様の冷静な口調で振り返った。

今大会の上位4人に与えられる「全英オープン」出場権はすでに獲得済み。今週月曜日に行われた「全米オープン」の最終予選会で同大会のチケットも手にし、今年の4大メジャーはすべて参戦することができる。ここまで海外メジャー5試合で予選通過はないが、「行くたびにいろいろ経験して、足りないところや課題が見えてくる。それを日本に戻って一つひとつ消していきたい」とこれを糧にしてきた。

「はじめのうちは『(他の選手は)身長がでかいし…』とか思っていたけど、何回か行くうちに、自分と同じような飛距離の選手もしっかり戦っていて不可能ではないと思えました」。あとは自分がどう戦うかをイメージ。「思い切りのよさやアイアンの精度、あと一番はショートゲーム」という部分に、海外で戦う同じタイプの選手の特徴を見出す。そのショートゲームでは「バリエーションを増やすのは難しい。得意なものを伸ばしていきたい」ということを念頭に、クラブを振る毎日だ。

初日7643ヤード、2日目7619ヤードだったザ・ロイヤル ゴルフクラブ。明日は8000ヤードを超える設定になることが予想され、いよいよその本領を発揮する。「去年は予選落ちして経験できなかったので、その距離を楽しみながらやりたいです」。予選2日間のドライビングディスタンスで平均298.50ヤード(46位)の今平にとっては“長いラウンド”となりそうだが、ここをしっかりと乗り切り、海外で戦う自信をさらに深めたい。

(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・男子版“最下位からの逆襲”、その行方は… 1mのパーパットにつまった一打の重み
・“タイガーアイアン”に信頼の池村寛世、現役アイドル2人の応援もパワーの源?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ