~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤル ゴルフクラブ

国内男子

3位発進の和田章太郎 一般客に混ざって行われた小田孔明の“マンツーマンレッスン”

日本勢最上位となる4アンダーの好発進を切った和田章太郎 ~全英への道~ミズノオープンatザ・ロイヤルGC(2019)(初日) 写真・佐々木啓
日本勢最上位となる4アンダーの好発進を切った和田章太郎 ~全英への道~ミズノオープンatザ・ロイヤルGC(2019)(初日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T キム・キョンテ -5 -5
1T D・ペリー -5 -5
3 和田 章太郎 -4 -4
4T G・チャルングン -3 -3
4T 今平 周吾 -3 -3
4T 永野 竜太郎 -3 -3
4T 木下 稜介 -3 -3
4T Y・E・ヤン -3 -3
4T チャン・キム -3 -3
10T 幡地 隆寛 -2 -2
<~全英への道~ミズノオープンatザ・ロイヤルGC 初日◇30日◇ザ・ロイヤル ゴルフクラブ(茨城県)◇8016ヤード・パー72>

この日、日本勢最上位となる3位でホールアウトした和田章太郎。首位と1打差、4アンダーの好発進の理由の一つに、“軍団長”による熱血指導を挙げた。

午後組の最終組で10番からスタートした和田。前半を1オーバーで折り返したが、バックナインで魅せた。1番で5m、2番ではエッジからの20mのバーディパットを沈めた。さらに7番からの上がり3ホールも連続バーディ。「9番が終わった時に、『3連続だったんだ』と気づいた」という集中力で、終盤一気に順位を上げた。

福岡県出身の23歳は、3年ほど前から小田孔明率いる“チーム孔明”に名を連ねる。下部ツアーと並行してレギュラーへの出場を続けるなかで、同じ九州勢の秋吉翔太、出水田大二郎らと一緒に練習、ラウンドを重ねて腕を磨いている。

今週の月曜日には、小田と2人で移動中、急に「今から練習場に行くぞ」と言われ、茨城県内の練習場でマンツーマンレッスンが行われた。「初めてでびっくりした」というが、この練習が「かなりよかった」。周囲の一般客は「なんでここに小田孔明がいるんだ?」と驚きの顔を見せていたようだが、額をつき合わせて1時間みっちりと修正が施された。

試合直前とあって、大きな改造というものではなく、「構えた時に身体がねじれてて、『まっすぐ立ってない』とか、ボールの見方も悪かったみたいで、基礎的な動きを修正してもらいました」と、ちょっとしたズレを直し開幕を迎えた。

「まだ4日間のうちの1日が終わっただけ。3日目には8000ヤードを超える設定になると思うので、そこまでに貯金はしておきたいですね」と心もクールに、明日からのラウンドに臨む。同じチームの秋吉、出水田が昨季初優勝を果たし「しっかり上位争いをして、同じフィールドに立ちたい」という気持ちも強い。その2人に続く活躍を茨城で見せる。

(文・間宮輝憲)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・令和初&人生初! 木下稜介はアルバトロス達成に「一生で一度あるかないか」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ