中日クラウンズ

国内男子

『昭和』の男が『令和』で頑張る! 宮本勝昌が新時代の初優勝に王手!

昭和の男・宮本勝昌が優勝を目指す! 中日クラウンズ(2019)(3日目) 写真・村上航
昭和の男・宮本勝昌が優勝を目指す! 中日クラウンズ(2019)(3日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 P・カーミス -5 -9
2 宮本 勝昌 -3 -8
3T 貞方 章男 -3 -7
3T 黄 重坤 -2 -7
5T ブラッド・ケネディ -1 -6
5T 重永 亜斗夢 -1 -6
7 マシュー・グリフィン +1 -5
8T G・チャルングン -4 -4
8T チャン・キム -2 -4
8T A・クウェイル E -4
<中日クラウンズ 3日目◇4日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)◇6557ヤード・パー70>

昭和47年生まれ、ツアー11勝の宮本勝昌が『令和』初優勝に歩みを進める。開催コースが変わらない本大会、「回れば回るほど難しくなる」という難攻不落の和合コースで3日目を終えて首位と1打差をキープ。2年ぶりの美酒まであと一歩に迫った。

瞬時に向きを変える風に悩みながらも、「東建ホームメイトカップ」からアームロックに変えて好調となったパターが、この日、何度もピンチを救った。13番パー3では1オンに失敗。ラフからのセカンドもチャンスにつかず5mが残ったが、これを沈めてパーセーブ。「和合はピンチの連続。ピンチを何度も何度もしのいだら最後にご褒美が来た」と、16番で3m、最終18番では2mを沈めてバーディ締め。4バーディ・1ボギーの「67」、トータル8アンダーの単独2位で最終日に臨む。

最終日最終組は、2014年「ANAオープン」以来。プレーの好調にあわせ、「“昭和の男・令和で頑張る”。ずっと今週はこれで引っ張りますから」と自らキャッチフレーズをつけるなど“絶口調”だ。

今週は宮本が所属する、芹澤信雄率いる「チーム芹澤」の“昭和”の面々が好調。芹澤は人工股関節の手術を経て7年ぶりのレギュラーツアー予選通過。同チームの藤田寛之もトータル3アンダー・12位タイにつけている。「自分がデビューした20数年前と変わらず、みんなすごく練習をされている」と今も変わらずに刺激を受けている。

例年ベテラン勢が活躍を見せる本大会。昨年は00年から守ってきた賞金シード陥落。今季は17年の「ダンロップ・スリクソン福島オープン」優勝の資格で出場する。復活へ。明日は『昭和の男・令和で優勝』の見出しを飾ることができるか。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・難攻不落の和合が牙をむき… 金谷拓実は苦戦も上位をキープ
・21年ぶりに大会の歴史を変えた!? 小野田享也の“ナイスボギー”

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ