中日クラウンズ

国内男子

宮本勝昌ら3人が首位発進 石川遼は「81」で出遅れ107位

ツアー通算11勝の宮本勝昌が首位スタートを切った 中日クラウンズ(2019)(初日) 写真・村上航
ツアー通算11勝の宮本勝昌が首位スタートを切った 中日クラウンズ(2019)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 貞方 章男 -4 -4
1T 宮本 勝昌 -4 -4
1T P・カーミス -4 -4
4T A・クウェイル -3 -3
4T 比嘉 一貴 -3 -3
4T 星野 陸也 -3 -3
7T D・ペリー -2 -2
7T 張 棟圭 -2 -2
7T 佐藤 大平 -2 -2
7T 片山 晋呉 -2 -2

<中日クラウンズ 初日◇2日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)◇6557ヤード・パー70>

新元号「令和」での初戦となる国内男子ツアー「中日クラウンズ」の初日が終了。宮本勝昌、貞方章男、ピーター・カーミス(ギリシャ)の3人がいずれも「66」をマークし、4アンダー・首位タイ発進を決めた。

1打差4位タイに星野陸也、比嘉一貴、アンソニー・クウェイル(オーストラリア)。2打差7位タイに片山晋呉、出水田大二郎ら5人が続いた。

腰痛からの復帰戦となる石川遼は、2バーディ・7ボギー・1ダブルボギー・1クアドラプルボギーの「81」と大乱調。国内ツアーでは2013年の「日本ゴルフツアー選手権」(パー72)初日にたたいた「80」以来、6年ぶりの80台を喫し、11オーバー・107位で初日を終えた。

石川と同組のジャンボこと尾崎将司は10オーバー・106位。同グループのアマチュア・金谷拓実(東北福祉大3年)はイーブンパー・23位タイで2日目に向かう。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・ジャンボ尾崎、腰痛ながら18H完走 石川遼に「早くよくなってもらわないと困る」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ