中日クラウンズ

国内男子

お祭り男がドカンと打ち上げた勝利の花火!宮本勝昌が病気を乗り越え復活優勝

家族の前で復活優勝!宮本勝昌おめでとう! 中日クラウンズ(2019)(最終日) 写真・村上航
家族の前で復活優勝!宮本勝昌おめでとう! 中日クラウンズ(2019)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 宮本 勝昌 -1 -9
2 今平 周吾 -4 -8
3T マシュー・グリフィン -2 -7
3T 黄 重坤 E -7
5T 星野 陸也 -4 -6
5T 片山 晋呉 -3 -6
5T A・クウェイル -2 -6
5T 藤田 寛之 -3 -6
5T P・カーミス +3 -6
5T 貞方 章男 +1 -6
<中日クラウンズ 最終日◇5日◇名古屋ゴルフ倶楽部 和合コース(愛知県)◇6557ヤード・パー70>

「令和最初の男になりましたよ!」。平成のゴルフ史を駆け抜けてきたお祭り男が、新時代で一発目の勝利の花火を打ち上げた。

『令和』初戦は、最終18番ホールの最後の一打まで息をのむ展開だった。最終組の宮本、貞方章男が18番ティに立った時点で、3組前でホールアウトした今平周吾と3人がトータル8アンダーのトップに並んでいた。

435ヤードのパー4。フェアウェイから放たれた宮本のセカンドはピン手前10mほどに落ちた。貞方の3打目がグリーンをオーバーして、寄らず入らずのダブルボギー。残るは宮本と今平の一騎打ちとなった。勝敗を決する10mのバーディパット。「建前は“入れるぞ”と。本音は、周吾とプレーオフしたら勝てないと思っていた」と打ったパット。ボールはカップに向かって進んでいく。手前で一瞬止まったように見えたが、「風が後押ししれくれたのかな」と、最後のひと転がりでカップイン。「夢みたい。ああいうときはガッツポーズも出ないんですね」と、少しうつむいて勝利をかみ締めた。

18番グリーンには、師匠と仰ぐ芹澤信雄が待っていた。「この現場にいられてよかった。タイガー・ウッズの優勝ほどは感動しなかったけど(笑)、近いものはありましたよ、震えましたから」(芹澤)と、2年ぶりの宮本の勝利を心から喜んだ。

昨年は出場試合の半数が予選落ちと不振の年だった。賞金ランキングは74位と、2000年から守ってきた賞金シードも失った。予選落ちが続く中、6月には視界がゆがみ、めまいに襲われるフィッシャー症候群を発症。治療薬もなく、完治するまでの明確な期間もわからない。1カ月ほどで完治したが、当時は歩くのもままならない中、ただじっとして治まるのを待つしかなかった。ディフェンディングチャンピオンとして臨むはずだった「ダンロップ・スリクソン福島オープン」も欠場するなど悔しい1年となった。

「去年はまったくうまくいくところがなく終わってしまったけど、30試合くらいのサイクルでみれば、好不調の浮き沈みは悪くないのかなと思う」と振り返る。不振の時期を払拭するかのごとく咲かせた勝利の大輪。勝利を見届けに来た芹澤や、応援にかけつけた家族たちを前に、お祭り男が満面の笑みで『令和』初戦を締めくくった。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・金谷拓実、2度目の和合でベストアマ獲得「もっと強い選手に」
・のしかかる1打のプレッシャー 貞方章男からこぼれ落ちた遅咲きの勝利

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ