SMBCシンガポールオープン

国内男子

藤本佳則が12年以来の全英OP切符獲得「今年はもっともっと頑張りたい」

2012年以来の全英切符を手にした藤本 SMBCシンガポールオープン(2019)(最終日) 写真・村上航
2012年以来の全英切符を手にした藤本 SMBCシンガポールオープン(2019)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ジャズ・ジェーンワタナノンド -6 -18
2T ポール・ケイシー -6 -16
2T 藤本 佳則 -3 -16
4 マシュー・フィッツパトリック -2 -14
5T プロム・ミーサワット -3 -9
5T 文道燁(ムンドイウ) +1 -9
7T セルヒオ・ガルシア -3 -8
7T G・チャルングン -1 -8
9T P・ピッタヤラット -5 -7
9T J・トッド -2 -7
<SMBCシンガポールオープン 最終日◇20日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71>

国内男子ツアー開幕戦の「SMBCシンガポールオープン」最終日。単独首位から出た藤本佳則は4バーディ・1ボギーの「68」とスコアを3つ伸ばしたものの、「65」をたたき出したジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)にかわされ、トータル16アンダーの2位タイで大会を終えた。

「4日間いいゴルフができていた。2打足りなかったが、すごく良かったと思う」と振り返る一週間。もちろん「勝ちたいのが本心。悔しさはある」。課題としてパッティング、アイアンの距離感などを挙げて、「ほんの少しのところ」と話した。

とはいえ、これで有資格者を除く12位タイまでの上位4人に与えられる「全英オープン」の切符を獲得。自身としては2012年に出場して以来となる。「それは全く考えていなかった。メジャーは久しぶり。でも、今年はもっともっと頑張りたいと思う」と意欲を見せた。

「(オフの)トレーニングのやり方やスイングの考え方が良かっから、このスコアになったのだと思う。4月の日本での開幕まではそれを続けていけばいいと思う」と話した29歳。13年以来のツアー優勝はならなかったが、30歳となる節目のシーズンに向けて収穫は少なくない。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「自分との戦いを続けていきたい」開幕戦で感じた石川遼の手応えと課題
・変則日程の中で光ったティショット 新ドライバーも良さそう!【カメラマンの景色特別編】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ