SMBCシンガポールオープン

国内男子

藤本佳則が単独トップで最終日へ 石川遼は3つのダボで順位落とす

藤本佳則がトップを維持したまま最終日に向かう SMBCシンガポールオープン(2019)(3日目) 写真・村上航
藤本佳則がトップを維持したまま最終日に向かう SMBCシンガポールオープン(2019)(3日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 藤本 佳則 -5 -13
2T ジャズ・ジェーンワタナノンド -6 -12
2T マシュー・フィッツパトリック -5 -12
4T チャプチャイ・ニラト -5 -10
4T 文道燁(ムンドイウ) -4 -10
4T ポール・ケイシー -3 -10
7 P・サクサンシン -2 -9
8 G・チャルングン -4 -7
9T プロム・ミーサワット -2 -6
9T 崔 虎星 -2 -6
<SMBCシンガポールオープン 3日目◇19日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71>

前日の日没サスペンデッドの影響で第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われた「SMBCシンガポールオープン」3日目は、全選手がホールアウトした。

単独トップに立ったのは藤本佳則。予選ラウンドを首位通過した藤本は、引き続き行われた第3ラウンドでも1イーグル・4バーディ(1ボギー)の活躍で、スコアをトータル13アンダーまで伸ばしフィニッシュ。日本勢の大会初制覇に向け、快走を続けている。

以下、1打差の2位タイにジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)、マシュー・フィッツパトリック(イングランド)。3打差の4位タイにポール・ケーシー(イングランド)、チャプチャイ・ニラト(タイ)、ムン・ドイウ(韓国)と続く。昨年大会王者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)は、トータル5アンダー・16位タイにつけている。

午前中に行われた第2ラウンドで2位に浮上した石川遼は、4番のバーディで一時トップに浮上したものの、6番、12番、15番と3ホールでダブルボギー。4バーディを奪ったもののトータル4アンダー・25位タイと順位を落とした。

【3日目終了時の順位】
1位:藤本佳則(-13)
2位T:ジャズ・ジェーンワタナノンド(-12)
2位T:マシュー・フィッツパトリック(-12)
4位T:チャプチャイ・ニラト(-10)
4位T:ポール・ケーシー(-10)
4位T:ムン・ドイウ(-10)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ