SMBCシンガポールオープン

国内男子

シンガポールOP初日は日没サスペンデッド 石川遼、暫定22位

初日は日没サスペンデッド 石川遼は2アンダーで第2ラウンドに向かう SMBCシンガポールオープン(2019)(初日) 写真・村上航
初日は日没サスペンデッド 石川遼は2アンダーで第2ラウンドに向かう SMBCシンガポールオープン(2019)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 佐藤 大平 -6 -6
1 P・サクサンシン -6 -6
3T 洪 健堯 -5 -5
3T セン・セショウ -5 -5
3T 和田 章太郎 -5 -5
6T 池田 勇太 -4 -4
6T ミゲル・タブエナ -4 -4
6T 藤本 佳則 -4 -4
6T アージュン・アトワル -4 -4
6T P・コンワットマイ -4 -4
<SMBCシンガポールオープン 初日◇17日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(シンガポール)◇7403ヤード・パー71>

国内男子ツアーの2019シーズン開幕戦で、アジアンツアーとの共同主管大会「SMBCシンガポールオープン」の第1ラウンドは、雷雲接近のため現地時間午後2時08分に競技が中断。3時間22分後の午後5時30分に再開されたものの、午後7時10分に日没サスペンデッドが決まった。

5アンダー・暫定首位にコウ・ケンギョウ(台湾)。1打差暫定2位タイに池田勇太、藤本佳則、佐藤大平、ミゲル・タブエナ(フィリピン)、セン・セショウ(台湾)、昨年の国内ファイナルQTをトップで通過したリチャード・ジャン(カナダ)が続いた。

選手会長2年目を迎える石川遼は、5バーディ・3ボギーの「69」でラウンド。2アンダー・暫定22位タイで第1ラウンドを終えている。

昨年覇者のセルヒオ・ガルシア(スペイン)は4バーディ・2ボギーの「69」をマークし、2アンダー・暫定22位タイ。昨季の国内ツアー賞金王・今平周吾は11ホール消化時点で2オーバー・暫定104位タイに沈んでいる。

第1ラウンドはあす18日(金)の現地時間午前7時30分に再開予定。

【初日の暫定順位】※は未ホールアウト
1位:コウ・ケンギョウ(-5)
2位T:池田勇太(-4)
2位T:藤本佳則(-4)
2位T:佐藤大平(-4)※
2位T:ミゲル・タブエナ(-4)
2位T:セン・セショウ(-4)※
2位T:リチャード・ジャン(-4)※
8位T:川村昌弘(-3)
8位T:片岡大育(-3)
8位T:マシュー・フィッツパトリック(-3)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・2019年もこの景色で開幕 今年こそ復活優勝を!【カメラマンの景色特別編】

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ