ゴルフ日本シリーズJTカップ

国内男子

Y・E・ヤンが単独首位発進 石川遼、今平周吾は3差7位

全米プロ覇者のY・E・ヤンが単独首位発進を決めた ゴルフ日本シリーズJTカップ(2018)(初日) 写真・村上航
全米プロ覇者のY・E・ヤンが単独首位発進を決めた ゴルフ日本シリーズJTカップ(2018)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Y・E・ヤン -5 -5
2T 出水田 大二郎 -4 -4
2T 小平 智 -4 -4
2T 崔 虎星 -4 -4
5T 星野 陸也 -3 -3
5T 池田 勇太 -3 -3
7T 石川 遼 -2 -2
7T 堀川 未来夢 -2 -2
7T 時松 隆光 -2 -2
7T 今平 周吾 -2 -2
<ゴルフ日本シリーズJTカップ 初日◇29日◇東京よみうりカントリークラブ・東京都(7023ヤード・パー70)>

今季優勝者、賞金ランク上位者など30人のみが出場している国内男子ツアー最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の初日が終了。2009年「全米プロ」覇者のY・E・ヤン(韓国)が1イーグル・6バーディ・3ボギーの「65」をマークし、5アンダー・単独首位発進を決めている。

1打差2位タイに2週連続優勝がかかるチェ・ホソン(韓国)、小平智、出水田大二郎の3人。2打差5位タイに池田勇太、星野陸也が続いている。

賞金ランク1位の今平周吾と2015年大会覇者の石川遼は、2アンダー・7位タイの好発進。昨年覇者の宮里優作は2オーバー・23位タイ、賞金ランク2位のショーン・ノリス(南アフリカ)は5オーバー・29位タイと出遅れている。

今大会でノリスが優勝を逃すと、その時点で今平の賞金王戴冠が決まる。ノリスが優勝した場合、今平は3位タイ(3人まで)以上に入れば賞金王のタイトル獲得となる。

【初日の順位】
1位:Y・E・ヤン(-5)
2位T:小平智(-4)
2位T:チェ・ホソン(-4)
2位T:出水田大二郎(-4)
5位T:池田勇太(-3)
5位T:星野陸也(-3)
7位T:石川遼(-2)
7位T:今平周吾(-2)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小平智は“アメリカ基準”でもっと上へ 首位と1打差発進で7勝目に向け快走
・初出場の出水田大二郎が見せた勝負強さ ダボから圧巻の生還
・傾斜がすさまじい… 待ち受ける“魔の18番”「一生終わらないんじゃないかと思うくらい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ