カシオワールドオープン

国内男子

変則スイングのチェ・ホソンがツアー2勝目 賞金王決定は最終戦に持ち越し

ツアー2勝目を果たしたチェ・ホソン カシオワールドオープン(2018)(最終日) 写真・佐々木啓
ツアー2勝目を果たしたチェ・ホソン カシオワールドオープン(2018)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 崔 虎星 -5 -15
2 ブレンダン・ジョーンズ -6 -14
3 姜 庚男 -5 -13
4T 池田 勇太 -7 -12
4T Y・E・ヤン -5 -12
4T 李 尚熹 -4 -12
7T 嘉数 光倫 -3 -11
7T 黄 重坤 -3 -11
9T 秋吉 翔太 -5 -10
9T 藤本 佳則 -5 -10
<カシオワールドオープン 最終日◇25日◇Kochi黒潮カントリークラブ・高知県(7335ヤード・パー72>

国内男子ツアー「カシオワールドオープン」の最終日が終了し、チェ・ホソン(韓国)がこの日5バーディ・ノーボギーの「67」をマークし、トータル15アンダーで逃げ切り。今季初優勝、5年ぶりのツアー2勝目をつかんだ。

前半で3つ伸ばしたホソンは、後半出だし10番でもバーディを奪うが、その後は7ホール連続パーと伸ばしあぐねる。ブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)と首位に並んで迎えた最終ホール。約30cmのバーディパットを沈めて優勝を決めると、右こぶしを突き上げて喜びを表した。

1打差2位にジョーンズ。2打差3位にカン・キョンナム(韓国)が入った。

ホストプロの石川遼はトータル3アンダー・40位タイ。賞金ランク1位の今平周吾はトータル8アンダー・13位タイで終え、賞金王決定は最終戦に持ち越しとなった。

【最終結果】
優勝:チェ・ホソン(-15)
2位:ブレンダン・ジョーンズ(-14)
3位:カン・キョンナム(-13)
4位T:池田勇太(-12)
4位T:Y・E・ヤン(-12)
4位T:イ・サンヒ(-12)
7位T:嘉数光倫(-11)
7位T:ハン・ジュンゴン(-11)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・今平周吾は賞金王を決められず 最終戦でS・ノリスと一騎打ちへ
・石川遼の今シーズンは終わらない! 滑り込みで最終戦に出場「これからも楽しみ」
・男子ツアー賞金シード争いも決着… 復帰の近藤智弘は「褒めてあげたい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ