カシオワールドオープン

国内男子

順延の第1ラウンドが終了 今平周吾ら3人が首位タイ、石川遼は首位と2打差

7時18分に第1ラウンドを再開!(撮影:佐々木啓) カシオワールドオープン(2018)(初日) 写真・佐々木啓
7時18分に第1ラウンドを再開!(撮影:佐々木啓) カシオワールドオープン(2018)(初日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 嘉数 光倫 -6 -6
1T 浅地 洋佑 -6 -6
1T 今平 周吾 -6 -6
4T スコット・ストレンジ -5 -5
4T 朴 ジュンウォン -5 -5
4T 崔 虎星 -5 -5
7T 李 尚熹 -4 -4
7T 張 棟圭 -4 -4
7T 石川 遼 -4 -4
7T 香妻 陣一朗 -4 -4
<カシオワールドオープン 初日◇22日◇Kochi黒潮カントリークラブ・高知県(7335ヤード・パー72)>

「カシオワールドオープン」の第1ラウンドは、日没サスペンデッドとなり4組12人がホールアウトできずに終了。23日(金)の7時18分より第1ラウンドが再開された。

ホールアウトできなかった12人のうち、木下稜介が首位と2打差の7位タイ。現在賞金ランク81位で賞金シード獲得を目指す古田幸希は、1オーバー・68位タイとなった。

6アンダー・首位タイに並んだのは、賞金ランク1位の今平周吾、来年のシード獲得圏内で大会を迎えている嘉数光倫と浅地洋佑。首位と1打差4位タイには、チェ・ホソン、パク・ジュンウォン(ともに韓国)とスコット・ストレンジ(オーストラリア)が続く。ホストプロとして参戦の石川遼は首位と2打差の7位タイとなった。

なお、第2ラウンドはこのあと8時40分に第1組がスタートする。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「知らなかったが仕方ない」 賞金王争うS・ノリスがラウンド中に練習器具使用で2罰打
・石川遼は上位発進にも「まだまだ」 松山英樹とのラウンドで学んだこと
・契約フリーの池田勇太が“スリクソン勢”に!?「ものは試し」ぶっつけ本番で新ドライバー投入
・今平周吾が賞金王の座に向けてまっしぐら!今週で決定の可能性も

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ