カシオワールドオープン

国内男子

“変則スイング”の虎さん、コミカルな動きのなかに“理論”あり

海外でもヘンテコなスイングと話題の虎星 カシオワールドオープン(2018)(最終日) 写真・佐々木啓
海外でもヘンテコなスイングと話題の虎星 カシオワールドオープン(2018)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 崔 虎星 -5 -15
2 ブレンダン・ジョーンズ -6 -14
3 姜 庚男 -5 -13
4T 池田 勇太 -7 -12
4T Y・E・ヤン -5 -12
4T 李 尚熹 -4 -12
7T 嘉数 光倫 -3 -11
7T 黄 重坤 -3 -11
9T 秋吉 翔太 -5 -10
9T 藤本 佳則 -5 -10
<カシオワールドオープン 最終日◇25日◇Kochi黒潮カントリークラブ・高知県(7335ヤード・パー72>

くるりと回る変則スイングで話題を集める崔虎星(韓国)。コミカルな動きに加えて、丁寧なファンサービスと人当たりの良さで、いまやツアーの人気者。その“虎さん”が5年ぶりとなるツアー2勝目を挙げた。

後続のブレンダン・ジョーンズ(オーストラリア)が6バーディ・ノーボギーと追い上げ、トータル14アンダーでホールアウト。ホソンがバーディを決めなければプレーオフという状況で迎えた最終18番、30cmのバーディパットを沈めて静かにガッツポーズ。「思った通りにいかないのがゴルフだけど、今日は思い通りにできた」と久々の勝利に笑顔を見せた。

優勝もさることながら、この日もスタート直後から話題のスイングを披露して、ファンからは拍手と歓声。「喜んでもらえて嬉しいし、それを力に変えている」と語ったが、もちろんこの動きは単なるパフォーマンスではない。

体を左右に動かしたり、インパクト後にくるりと回る動きは「インパクトで、最大限のパワーをボールに伝えるために回転させている」と飛距離アップが目的。もともと、2010年頃からたまに披露していたが、「年をとると体の動きが固くなるし、若い選手がどんどん飛ばしてきている。飛ばそうとスイングを大きくしようとして、ああいう動きになった」。本大会での平均飛距離は281.5ヤードの14位。若手選手に負けないパワーに加え、代名詞となったスイングでツアーを大いに賑わせている。

昨年の今頃は、シード獲得ギリギリのラインで本大会を迎え、「最終日、最後のパットを決めるまでどうなるかわからなかった」。13位タイに入ってシード獲得を決めた日を「“最終列車”に乗れて、ホテルに帰って大泣きした」とたとえて振り返る。そこから1年、この優勝で、賞金ランクは自身最高の9位に浮上。ツアー優勝者など30人しか出場できない「ゴルフ日本シリーズJTカップ」の出場権も手に入れて、今年はエリートフィールドへの“最終列車”に乗り込んだ。「一生懸命やっているのを見せるだけ。来週も、骨が折れるまで一生懸命頑張ります」と、ここから新たな旅が始まっていく。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・今平周吾は賞金王を決められず 最終戦でS・ノリスと一騎打ちへ
・石川遼の今シーズンは終わらない! 滑り込みで最終戦に出場「これからも楽しみ」
・男子ツアー賞金シード争いも決着… 復帰の近藤智弘は「褒めてあげたい」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ