三井住友VISA太平洋マスターズ

国内男子

国内男子ツアーは荒天のためサスペンデッド 秋吉翔太暫定トップT、松山英樹暫定43位

コースから引き上げてくる松山英樹 三井住友VISA太平洋マスターズ(2018)(2日目) 写真・佐々木啓
コースから引き上げてくる松山英樹 三井住友VISA太平洋マスターズ(2018)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 秋吉 翔太 -1 -7
1T 朴 相賢 -3 -7
3 藤本 佳則 -3 -5
4T W・J・リー -1 -4
4T 黄 重坤 -3 -4
4T S・H・キム -1 -4
7T 薗田 峻輔 E -3
7T 重永 亜斗夢 E -3
7T 岩田 寛 -1 -3
7T タンヤコン・クロンパ E -3
<三井住友VISA太平洋マスターズ 2日目◇9日◇太平洋クラブ御殿場コース・静岡県(7,262ヤード・パー70)>

悪天候によるコースコンディション不良のため、午後12時48分に競技が中断していた「三井住友VISA太平洋マスターズ」の2日目だが、天候の回復が見込めず、午後14時30分にサスペンデッドが決定。全選手がホールアウトできず、競技はあすに持ち越しとなった。

トータル7アンダー・暫定首位タイに今季3勝目を狙う秋吉翔太とパク・サンヒョン(韓国)。2打差暫定2位に藤本佳則、3打差暫定4位タイにハン・ジュンゴン、S・H・キム(ともに韓国)、W・J・リー(オーストラリア)が続いている。

1アンダーからスタートした松山英樹は前半9ホールで3つ落とし、トータル2オーバー・暫定43位タイに後退。初日に5オーバーと出遅れた石川遼は、10ホール消化時点でトータル6オーバー・暫定67位タイに沈んでいる。

あすの競技再開は午前8時を予定している。

ALBA.Net関連記事
・松山英樹はハーフを終えて通算2オーバー この日も新装・6番の攻略ならず
・チャンスはあと2回!今平周吾がフィアンセの前で優勝したい理由
・“難易度1位”の2ホールを攻略 藤本佳則が首位と2打差に浮上

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ