HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP

国内男子

ショーン・ノリスが劇的イーグルで今季初V 片岡大育は1打及ばず

劇的イーグルで今季初勝利をつかんだショーン・ノリス HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(2018)(最終日) 写真・村上航
劇的イーグルで今季初勝利をつかんだショーン・ノリス HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(2018)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ショーン・ノリス -3 -14
2 片岡 大育 -5 -13
3 趙 珉珪 -3 -12
4T 星野 陸也 -4 -10
4T 今平 周吾 -2 -10
6T 竹安 俊也 -4 -9
6T 武藤 俊憲 -3 -9
6T ハン・スンス -1 -9
9T 岩田 寛 -3 -8
9T 比嘉 一貴 -2 -8
<HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP 最終日◇4日◇PGMゴルフリゾート沖縄(7,270ヤード・パー72)>

悪天候の影響で第3ラウンドが中止となった「HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP」の最終日が終了。2位と2打差の単独トップから出たショーン・ノリス(南アフリカ)が最終18番で劇的イーグルを沈め、この日「69」のトータル14アンダーで今季初優勝、ツアー通算3勝目を果たした。

前半でスコアを伸ばしあぐねたノリスは、首位と1打差2位に後退してバックナインを迎える。14番でこの日初バーディを奪うと、首位の片岡大育と1打差で迎えた最終18番。この大一番で2オンを成功させると、決めれば勝利という約5mのイーグルパットを沈め、劇的な勝利を収めた。

片岡は今季初勝利、ツアー通算4勝目に1打及ばず。首位と2打差の3位にチョ・ミンギュ(韓国)、4打差4位タイに賞金ランク1位の今平周吾と星野陸也が入った。

時松隆光はトータル7アンダー・13位タイ。池田勇太はトータル4アンダー・26位タイだった。

【最終結果】
優勝:ショーン・ノリス(-14)
2位:片岡大育(-13)
3位:チョ・ミンギュ(-12)
4位T:今平周吾(-10)
4位T:星野陸也(-10)
6位T:武藤俊憲(-9)
6位T:竹安俊也(-9)
6位T:スンス・ハン(-9)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・片岡大育は「67」の大健闘も惜敗 「いいプレーをしたけど、2位だった」
・予選ラウンドの悔しさが忘れられず… 雨上がりの“居残り練習”で星野陸也が躍進
・ホストプロとして“おつとめ”を エース達成の日高将史が裏街道から存在感

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ