日本オープンゴルフ選手権競技

国内男子

稲森佑貴が日本オープンでツアー初優勝!「自分にとって最大の自信になる」

稲森佑貴がナショナルオープン制覇!悲願の初優勝を達成 日本オープンゴルフ選手権競技(2018)(最終日) 写真・村上航
稲森佑貴がナショナルオープン制覇!悲願の初優勝を達成 日本オープンゴルフ選手権競技(2018)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 稲森 佑貴 -3 -14
2 ショーン・ノリス -6 -12
3T 嘉数 光倫 -3 -8
3T 岩田 寛 -2 -8
5T 片岡 大育 -3 -7
5T 時松 隆光 -2 -7
5T 藤田 寛之 E -7
5T 竹安 俊也 +1 -7
9 アンジェロ・キュー E -6
10T 武藤 俊憲 -1 -5
<日本オープンゴルフ選手権競技 最終日◇14日◇横浜カントリークラブ(7,257ヤード・パー71)>

国内最強の称号をかけた戦い、「日本オープンゴルフ選手権競技」の最終日が終了。トータル11アンダー・単独首位から出た稲森佑貴がツアー初優勝を挙げた。稲森はこの日に5バーディ・2ボギーの「68」をマーク。最終18番でウィニングパットを沈めると、拳を振り上げて歓喜の雄叫び。後続に2打差をつけて、ビッグタイトルで悲願の初優勝を手に入れた。「初優勝がメジャー大会で、自分にとって最大の自信になる。今年は九州勢の選手が優勝していて、波に乗りたいと思っていた。一番ビッグな試合だと思っているので、優勝できて本当によかったです」と、喜びのコメントを残した。

首位と2打差の2位にはショーン・ノリス(南アフリカ)。6打差・3位タイには、嘉数光倫と岩田寛が続いた。首位と3打差の2位から出た竹安俊也は、トータル7アンダー・5位タイで大会を終了。竹安と並ぶ5位タイには、時松隆光、片岡大育、藤田寛之が入った。

先週の「アジア・パシフィックアマチュア選手権」で優勝した金谷拓実(東北福祉大2年)は、トータル1アンダー・24位タイでフィニッシュ。2015年、17年に続き、2年連続3度目の日本オープンローアマを獲得した。

そのほかでは、石川遼がトータル2アンダー・20位タイ、4度目の大会出場となったアダム・スコット(オーストラリア)はトータル6オーバー・50位タイとなった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・日本タイトルで初優勝は今までどれだけいる?池田勇太に小平智も…稲森佑貴は何人目?
・49歳の藤田寛之は5位フィニッシュ 師匠に気づかされた「そのままの自分でいい」
・松山英樹超え!金谷拓実が2年連続3度目のローアマも複雑「うれしくないことはないですけど…」
・石川遼は内容と結果のギャップに戸惑いも調子上向きに笑み「本当に勝ちたい」
・アダム・スコットは最終日も大荒れ 初日好スタートからの失速に「驚いている」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ