日本オープンゴルフ選手権競技

国内男子

稲森佑貴が日本タイトル&初優勝に王手 石川遼は11打差35位

ツアー初優勝&日本タイトルに王手をかけた稲森佑貴 日本オープンゴルフ選手権競技(2018)(3日目) 写真・村上航
ツアー初優勝&日本タイトルに王手をかけた稲森佑貴 日本オープンゴルフ選手権競技(2018)(3日目) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 稲森 佑貴 -4 -11
2 竹安 俊也 -6 -8
3T 鍋谷 太一 -2 -7
3T 藤田 寛之 E -7
5T 岩田 寛 -3 -6
5T アンジェロ・キュー -2 -6
5T ショーン・ノリス -2 -6
8T 大堀 裕次郎 -3 -5
8T 時松 隆光 -2 -5
8T 片山 晋呉 -2 -5
<日本オープンゴルフ選手権競技 3日目◇13日◇横浜カントリークラブ・神奈川県(7,257ヤード・パー71)>

ゴルファー日本一を決める国内男子ツアー公式戦「日本オープンゴルフ選手権競技」の3日目が終了し、6バーディ・2ボギーの「67」をマークした稲森佑貴がトータル11アンダー・単独首位でフィニッシュ。日本タイトルとツアー初優勝に王手をかけている。

3打差2位に竹安俊也。4打差3位タイに藤田寛之と鍋谷太一が続いた。

単独首位から出たアマ・桂川有人(日大2年)は、11番での「+4」などでこの日7オーバー・トータル1アンダー・29位タイに後退した。先週の「アジア・パシフィックアマチュア選手権」で優勝を果たした金谷拓実(東北福祉大2年)は、4ストローク伸ばしてトータル3アンダー・19位タイに浮上している。

石川遼はトータルイーブンパー・35位タイ。この日3つ落とした2013年「マスターズ」覇者のアダム・スコット(オ―ストラリア)はトータル3オーバー・52位タイで最終日に臨む。

【3日目の結果】
1位:稲森佑貴(-11)
2位:竹安俊也(-8)
3位T:藤田寛之(-7)
3位T:鍋谷太一(-7)
5位T:岩田寛(-6)
5位T:アンジェロ・キュー(-6)
5位T:ショーン・ノリス(-6)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・急浮上の竹安俊也は“つかまりすぎず、でもつかまえたい”振りもギアも変えて優勝争いへ
・初日の貯金はまだまだあるが… 藤田寛之は上位争い堅守も「今日寝られなくなるから考えない」
・「78」で大きく後退したアマ桂川有人 “クワドラプルボギー”の原因を自己分析
・石川遼、エースパター再投入でイーブンパー以上の手応え「内容的に良くなっている」
・1本のみパター変更の奇策も実らず アダム・スコットは「74」に「ここまで悪いスコアになるとは…」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ