トップ杯東海クラシック

国内男子

39歳アンジェロ・キューがツアー初優勝 池田勇太は6打差8位

ツアー初優勝を果たしたアンジェロ・キュー トップ杯東海クラシック(2018)(最終日) 写真・鈴木祥
ツアー初優勝を果たしたアンジェロ・キュー トップ杯東海クラシック(2018)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 アンジェロ・キュー -6 -17
2T W・J・リー -6 -15
2T Y・E・ヤン -5 -15
4T 李 尚熹 -4 -13
4T ジュビック・パグンサン -1 -13
6T 秋吉 翔太 -4 -12
6T 木下 裕太 -3 -12
8T 藤田 寛之 -4 -11
8T 池田 勇太 +1 -11
10T 大槻 智春 -4 -10
<トップ杯東海クラシック 最終日◇30日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,330ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「トップ杯東海クラシック」最終日の競技が終了し、この日「66」の好スコアをマークした39歳アンジェロ・キュー(フィリピン)がトータル17アンダーでフィニッシュ。ツアー本格参戦4年目にして、念願の初優勝を果たした。

2打差2位タイに2009年「全米プロ」覇者のY・E・ヤン(韓国)とW・J・リー(オーストラリア)。4打差4位タイにはジュビック・パグンサン(フィリピン)、イ・サンヒ(韓国)と海外勢が上位を占めた。

2週連続優勝を狙いトップタイから出た池田勇太は、3バーディ・4ボギー「73」と1つ落とし、首位と6打差のトータル11アンダー・8位タイでフィニッシュとなった。

石川遼は後半16番でトリプルボギーをたたくなど、「74」と振るわず。トータル2アンダー・40位タイで大会を終えている。

【最終結果】
優勝:アンジェロ・キュー(-17)
2位T:Y・E・ヤン(-15)
2位T:W・J・リー(-15)
4位T:ジュビック・パグンサン(-13)
4位T:イ・サンヒ(-13)
6位T:秋吉翔太(-12)
6位T:木下裕太(-12)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・池田勇太はまたも三好で栄冠ならず…スタートホールの不運を引きずるかたちに
・石川遼は難関ホールで“+3”を叩き「74」 次戦に向けて「練習して日本OPに勝てるように」
・小平智は成績に納得いかずも「良い調整になりました」 次戦はマレーシアでの米ツアー
・「本来の自分に戻していきたい」藤田寛之、今季初のトップ10入りで見えた道筋

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ