トップ杯東海クラシック

国内男子

約4か月ぶりの実戦で約280ヤードドライブも…尾崎将司は「思ったように振れていない」

尾崎将司は約4か月ぶりのツアー出場 トップ杯東海クラシック(2018)(初日) 写真・鈴木祥
尾崎将司は約4か月ぶりのツアー出場 トップ杯東海クラシック(2018)(初日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 片山 晋呉 -8 -8
2 ジュビック・パグンサン -6 -6
3T 重永 亜斗夢 -5 -5
3T 大槻 智春 -5 -5
3T 宋 永漢 -5 -5
3T W・J・リー -5 -5
7T ラヒル・ガンジー -4 -4
7T アンジェロ・キュー -4 -4
7T 池田 勇太 -4 -4
7T A・クウェイル -4 -4
<トップ杯東海クラシック 初日◇27日◇三好カントリー倶楽部 西コース(7,330ヤード・パー72)>

今年で49回目を迎える「トップ杯東海クラシック」が開幕。歴史ある一戦の初代王者・尾崎将司は、約4か月ぶりのトーナメント出場となったが、1バーディ・4ボギー・3ダブルボギー「81」と苦しんだ。

尾崎は、4月の「中日クラウンズ」を今季初戦として、5月の「日本プロゴルフ選手権大会」、6月の「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」とメジャー2試合に出場。しかし森ビルカップ終了後、「まだまだ実戦も練習量も少ない。俺の開幕戦は輪厚(ANAオープン会場)だから。それまでに体調を整える」と話し、試合から遠ざかっていた。

「ANAオープン」が北海道胆振東部地震の影響で中止となったため、今大会が“開幕戦”となったが「久しぶりの三好だが、こんなに長いと思わなかった。そして、こんなに疲れるとは思わなかった。思うように振れていない」と苦しい1日に。

この日ドライビングディスタンス計測ホールの15番は246ヤード、折り返しての7番は左に曲げて219ヤード。出場者中最下位に沈んだ。だが、打ち下ろしとはいえ、ほぼ無風だった3番で約281ヤードのドライバーショットを見せるなど、はたから見れば良いショットがあったのも事実だ。

本人は「自分のゴルフに寂しさがある」と不本意かもしれないが、13番でチップインバーディを奪取したように、アプローチ、パターで粘りを見せる場面も。難関18番ではフェアウェイから1mに寄せてパー。上がりの9番でも右ラフから“寄せワン”でパーを拾った。

嘆き節の多かった尾崎だが、最後の帰り際に一言。「ちょっと待ってろ。作戦を立ててくるから」。不敵に笑みを浮かべてクラブハウスを後にする姿は、明日に何かを期待させる。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・石川遼の目下の課題 ブランク感じるアプローチに「準備万端とは思えない」
・小平智は5年ぶりタッグで成長実感 石川遼とのラウンドは「和気あいあい」
・パッティングで緩む人必見 片山晋呉と重永亜斗夢が揃って好発進

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ