アジアパシフィックオープンダイヤモンドカップゴルフ

国内男子

池田勇太がツアー通算20勝達成 32歳275日は史上3位の年少記録

今季初勝利を果たした池田勇太 史上11人目のツアー通算20勝目を挙げた アジアパシフィックオープンダイヤモンドカップゴルフ(2018)(最終日) 写真・佐々木啓
今季初勝利を果たした池田勇太 史上11人目のツアー通算20勝目を挙げた アジアパシフィックオープンダイヤモンドカップゴルフ(2018)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 池田 勇太 -3 -15
2 ジャスティン・ハーディング -5 -9
3 岩田 寛 E -8
4T 久保谷 健一 -1 -7
4T 朴 相賢 -1 -7
4T ショーン・ノリス -1 -7
4T 星野 陸也 -1 -7
4T カート・キタヤマ +1 -7
9T プラヤド・マークセン -4 -6
9T J・キャトリン E -6
<アジアパシフィックオープンダイヤモンドカップゴルフ 最終日◇23日◇武蔵カントリークラブ 笹井コース(7060ヤード・パー71)>

日亜共同主管大会「アジアパシフィックオープンダイヤモンドカップゴルフ」最終日の競技が終了し、4バーディ・1ボギーの「68」をマークした池田勇太がトータル15アンダー・単独首位でフィニッシュ。後続に6打差をつける圧勝で今季初優勝、節目となるツアー通算20勝を達成した。

池田は今年の「日本プロゴルフ選手権」で達成した谷口徹に続き、ツアー史上11人目(1973年のツアー制施行後)の通算20勝目。32歳275日での到達は中嶋常幸、尾崎将司に次ぐ史上3番目の年少記録となった。

6打差2位にジャスティン・ハーディング(南アフリカ)、7打差3位に岩田寛が入った。

賞金ランク1位の今平周吾はトータル3アンダー・16位タイ。昨年覇者の片岡大育はトータルイーブンパー・31位タイだった。

【最終結果】
優勝:池田勇太(-15)
2位:ジャスティン・ハーディング(-9)
3位:岩田寛(-8)
4位T:星野陸也(-7)
4位T:久保谷健一(-7)
4位T:パク・サンヒョン(-7)
4位T:ショーン・ノリス(-7)
4位T:カート・キタヤマ(-7)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・史上11人目の快挙 池田勇太、ツアー通算20勝への道のり
・歩みは“ゆっくりと着実に” 星野陸也が今季6度目のトップ10入り
・昨年チャンプの片岡大育、モヤモヤが晴れるまで「もうひと踏ん張り」
・「プロになって海外へ」 金メダリスト・中島啓太が世界に向けて飛躍を目指す

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ