ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝)

国内男子

今平周吾は決勝戦で敗れる タイのT・クロンパがツアー初優勝

今平周吾を下してツアー初優勝を果たしたT・クロンパ ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝)(2018)(最終日) 写真・村上航
今平周吾を下してツアー初優勝を果たしたT・クロンパ ISPSハンダマッチプレー選手権(3回戦~決勝)(2018)(最終日) 写真・村上航
<ISPSハンダマッチプレー選手権 決勝◇9日◇鳩山カントリークラブ>

国内男子ツアー唯一のマッチプレー競技「ISPSハンダマッチプレー選手権」の最終日。この日は決勝戦が行われ、賞金ランク1位の今平周吾とタンヤゴーン・クロンパ(タイ)の対決は、2&1でクロンパが今平を下して頂点に立った。

試合は前半4番までオールスクエアの接戦となるが、5番でクロンパがこの日初のリードを奪う。その後はお互いに決め手を欠き、迎えた後半11番。ここでクロンパが会心のイーグルを奪取して差を2ポイントに広げると、13番でもダメ押しのバーディを奪って勝利をたぐり寄せた。今平は16番で意地のイーグルを決めて差を縮めるも、反撃は及ばなかった。

2014年から日本ツアーに参戦している28歳のクロンパは、今大会でツアー初優勝。優勝賞金5200万円を獲得し、一気に賞金王争いへ名乗りを上げている。

同日に行われた3位決定戦では、池田勇太とラタノン・ワナスリチャン(タイ)が対戦。最終ホールまでもつれ込む接戦のすえに、ワナスリチャンが2UPで勝利を収めている。

【決勝戦の結果】
●今平周吾 2&1 タンヤゴーン・クロンパ○

【3位決定戦の結果】
●池田勇太 2UP ラタノン・ワナスリチャン○

【最終結果】
優勝:タンヤゴーン・クロンパ
2位:今平周吾
3位:ラタノン・ワナスリチャン
4位:池田勇太

決勝戦・3位決定戦の結果はこちら

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「いずれチャンスはくる」地元・今平周吾敗戦、次戦も地元開催のダイヤモンド

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ