フジサンケイクラシック

国内男子

「本当にうれしいです」22歳・星野陸也が大会コース新記録で涙のツアー初V 4日間首位譲らず圧勝

圧倒的なプレーでツアー初優勝を飾った星野陸也 フジサンケイクラシック(2018)(最終日) 写真・鈴木祥
圧倒的なプレーでツアー初優勝を飾った星野陸也 フジサンケイクラシック(2018)(最終日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 星野 陸也 -5 -16
2 今平 周吾 -5 -11
3 重永 亜斗夢 -4 -10
4T ブラッド・ケネディ -1 -6
4T 木下 稜介 E -6
6T 池田 勇太 -2 -5
6T ブレンダン・ジョーンズ -1 -5
8T B・ジョン -3 -3
8T キム・ヒョンソン -1 -3
8T 松原 大輔 E -3
<フジサンケイクラシック 最終日◇2日◇富士桜カントリー倶楽部(7,566ヤード・パー71)>

国内男子ツアー「フジサンケイクラシック」最終日の競技が終了し、初日から首位を守り通してきた22歳・星野陸也が7バーディ・2ボギーの「66」をマーク。トーナメントコースレコードを3打更新するトータル16アンダーと圧倒し、ツアー初優勝を飾った。

前半を1アンダーで折り返した星野は、後半からエンジン全開。10番でのチップインバーディを皮切りに、12番から3連続バーディを奪取する。バックナインで4つスコアを伸ばすことに成功し、後続に5打差の圧勝劇で初の栄冠に輝いた。

2位に最終ホールをバーディとした今平周吾、さらに1打差の3位に重永亜斗夢が入った。

2016年賞金王の池田勇太はトータル5アンダー・6位タイ。先週の「RIZAP KBCオーガスタ」でツアー初優勝を挙げた出水田大二郎はトータル6オーバー・50位タイだった。

【最終結果】
優勝:星野陸也(-16)
2位:今平周吾(-11)
3位:重永亜斗夢(-10)
4位T:木下稜介(-6)
4位T:ブラッド・ケネディ(-6)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・未勝利の池田勇太が「オレの秋」に向け仕切り直し 「ゆっくりしていられない」
・20代選手が上位にズラリ!ベテランプロたちはどう見る?
・新婚・浅地洋佑がシード復活へ 悔しさ残るも、新妻に活躍誓う

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ