RIZAP KBCオーガスタ

国内男子

「本当に信じられない」 25歳・出水田大二郎がツアー初優勝

うれしいツアー初優勝を飾った出水田大二郎 RIZAP KBCオーガスタ(2018)(最終日) 写真・佐々木啓
うれしいツアー初優勝を飾った出水田大二郎 RIZAP KBCオーガスタ(2018)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 出水田 大二郎 -3 -14
2 チェ・ホソン -6 -13
3T ジュビック・パグンサン -8 -12
3T 今平 周吾 -4 -12
5 P・サクサンシン -4 -11
5 W・J・リー E -11
7T 川村 昌弘 -8 -10
7T 石川 遼 -5 -10
7T 池田 勇太 -3 -10
7T 木下 裕太 -3 -10
<RIZAP KBCオーガスタ 最終日◇26日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,151ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「RIZAP KBCオーガスタ」最終日の競技が終了し、鹿児島県出身の25歳・出水田大二郎が5バーディ・2ボギーの「69」をマーク。トータル14アンダーで2位と1打差で逃げ切り、うれしいツアー初優勝を果たした。

出水田は前半でスコアを3つ伸ばし、一時は後続に3打差をつけて単独首位を快走する。一転、後半では14番、16番のボギーで失速し、チェ・ホソン(韓国)に首位に並ばれるが、17番で値千金のバーディパットを沈めてガッツポーズ。最終18番でパーパットを沈めて優勝を決めると、樟南高校の先輩・秋吉翔太らとハグで喜びを分かち合った。

優勝インタビューでは「本当に信じられない。(最終18番でのパットが)入ったとき、やっと終わったなと。お礼を言いたい方がたくさんいるが、ここまで育ててくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいです」と、初勝利の喜びを語った出水田。「もう“でみずだ”と(名前を間違えて)呼ばれることはないと思う(笑)“いずみだ”です!」と白い歯をこぼした。

ホソンはこの日「66」と猛チャージを見せたが、5年ぶりのツアー2勝目には1打及ばなかった。首位と2打差の3位タイに今平周吾、ジュビック・パグンサン(フィリピン)が入った。

2016年大会覇者の石川遼は6バーディ・1ボギーの「67」をマークし、トータル10アンダー・7位タイでフィニッシュ。昨年覇者の池田勇太も同順位で大会4日間を終えた。

【最終結果】
優勝:出水田大二郎(-14)
2位:チェ・ホソン(-13)
3位T:今平周吾(-12)
3位T:ジュビック・パグンサン(-12)
5位T:プーム・サクサンシン(-11)
5位T:ウォンジョン・リー(-11)
7位T:石川遼(-10)
7位T:池田勇太(-10)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・秋吉翔太は愛する後輩・出水田大二郎の初Vにフライング涙!?「これでゴルフ人生変わる」
・石川遼、熱中症と戦った芥屋で秋の陣に手応え「後半戦が楽しみ」
・初優勝の25歳に最後までプレッシャーをかけたのは…変則スイングの44歳

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ